ドローポーカーDraw Poker – オンラインカジノ用語集

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

【 完全解説 】ドローポーカーの遊び方・ルール

  • ハイカード
  • ワンペア
  • ツーペア
  • スリーカード
  • ストレート
  • フラッシュ
  • フルハウス
  • フォーカード(クワッズ)
  • ストレートフラッシュ
  • ファイブカード
  • ドロー ポーカー(Draw Poker)とは

    最も古くからあるポーカーで、クローズド・ポーカーとも呼ばれます。 フロップ・ポーカー や スタッド・ポーカー と異なり、プレーヤーは自分の手札を隠し相手に一切のカードを見せることがありません。また、プレーヤー全員で共通して使うカードもありません。

    代表的なドロー・ポーカー

    • ファイブカード・ドロー
    • デューストゥ セブン
    • バドージ(バドゥーギ)

    関連記事 【 完全解説 】テキサスホールデム(ポーカー)のルールと遊び方【 完全解説 】スタッドポーカーの遊び方・ルール【 完全解説 】オマハポーカーの遊び方・ルール

    ゲームの流れ(ファイブカード・ドロー)

    全体の流れ

    1. 席に座る
    2. アンティ(参加費を払う)
    3. カードを配る
    4. 第1回ベッティング・ラウンド
    5. ドロー(カードの交換)
    6. 第2回ベッティング・ラウンド
    7. ショーダウン

    テーブル毎にレートが決まっていて、「「50-100-200」「100-200-400」などの表記があります。左側の数字がアンティと呼ばれるゲームへの参加費、中央の数字がスモールベット、右の数字がビッグベットとなります。スモールベットはそのテーブルでベットできる最少額で、スモールブラインド(SB)と呼ばれるプレイヤーがベットする額になります。ビッグベットはビッグブラインド(BB)と呼ばれるプレイヤーがベットする額になります。スモールブラインドと、ビッグブラインドについては後述します。

    アンティ(参加費を払う)

    ディーラーボタンを置く

    最初にボタンを置く場所の決め方

    ブラインド(強制ベット)

    カードを配る

    第1回ベッティング・ラウンド

    ベッティング・ラウンドで選択できるアクション

    ベット チップを賭けること。
    コール 直前のプレイヤーと同じ額をベットすること。
    レイズ 直前のプレイヤーのベット額の倍額以上をベットします。※一般的に倍額ですが、テーブルによって異なる場合もあります。
    リレイズ そのラウンドで2回目以降のレイズのこと。リレイズの場合、直前のプレイヤーのベット額に前回のレイズで上乗せした金額以上をベットします。

    計算が面倒な場合は、レイズ同様に直前のベット額の倍以上をベットすれば問題ありません。 オールイン 手持ちのチップ全額を賭けること。コールする金額に満たない場合でも、オールインをすれば勝負に参加できます。ただし、掛け金が少ないので仮に勝利しても掛け金に応じた額しか獲得できません。 チェック ベットをせずに次のプレイヤーに回す(パスする)こと。ただし、そのラウンドで誰もベットをしていない場合のみしかチェックは選択できません。 フォールド ベットをせずにゲームから降りること。それまでベットしたチップは没収されます。

    アクションをする順番

    ベッティング・ラウンドの終わり方

    カードが足りなくなったら

    その場合、カードが足りなくなった時点で デック (プレイヤーに配られる前のカードがセットされている場所)に残っているカードと捨てられたカードを合わせてシャッフルし再度使用します。

    第2回のベッティング・ラウンド

    ショーダウン

    2回目のベッティング・ラウンド終了時で勝負に残っているプレイヤーが手札を公開し、どのプレイヤーの ハンド が一番強いかを確認します。 勝者がポットに集められたチップを全て獲得します。役の強さが同じ場合はチョップ(引き分け)となり、チップは等分されます。

    デューストゥセブンとバドージ(バドゥーギ)

    デューストゥセブンとバドージ(バドゥーギ)もドローポーカーの種類ですが、他のポーカーと大きく異なるのは一番弱い ハンド (役)が勝つというところです。

    オールインとサイドポット

    ポーカーで勝負をするには、原則としてテーブルに出ているチップと同額でコールするか、倍額以上でレイズしなければなりません。しかし、手持ちのチップが少なく コール が出来ない状況も考えられます。そんな時は フォールド しなければならないのでしょうか?

    答えはノーです。チップは足りないが勝負はしたい、そんな時に取れるアクションが オールイン です。 オールイン とは文字通り全てのチップを ベット することを意味します。

    コールをするには$500が必要だが手持ちのチップが$400しかない。だが、 ハンド に自信があるのでどうしも勝負をしたい。そんな時に オールイン をして手持ちの$400全てを ベット すれば勝負に参加することが出来るのです。

    オールイン により、全てのチップを ベット してしまうので、その後 オールイン をしたプレイヤーは当然コールもレイズも出来ません。なので、そのプレイヤーは ショーダウン まで勝負を見守ることになります。

    オールインのプレイヤーが勝利したら

    ショーダウン の段階で、 オールイン をしたプレイヤーが最強の ハンド を持っていれば、当然そのプレイヤーの勝利となります。しかし、 オールイン をしたプレイヤーは他のプレイヤーよりも少ない額で勝負しているので、ポットにあるチップを全て獲得するのは不公平です。ですので、 オールイン をしたプレイヤーが勝った場合、 オールイン でベットした額に対する配当のみの獲得となります。

    サイドポット

    複数のプレイヤーが オールイン をした場合、チップの管理が少々ややこしくなります。その際に使われるのが、サイドポットです。例えば、3人でプレイをていて、その内の2人がオールインをしたとしましょう。

    メインポット
    • Aさん $100
    • Bさん $100
    • Cさん $100
    サイドポット
    • Aさん $50
    • Bさん $0
    • Cさん $50

    ここで気になるのはAさんのチップの余りの$50ですが、この余りの$50はAさんに返還されます。このようにサイドポットで オールイン のチップを管理するのですが、配当はどうなるのでしょうか?

    Aさんが勝った場合

    Bさんが勝った場合

    Bさんは オールイン で$100しかベットしていないので、メインポットのみの獲得となります。サイドポットのチップはAさんとCさんのどちらか勝った方が獲得します。

    Cさんが勝った場合

    Cさんも オールイン をしていますが、Aさんには余りの$50が返還されており、結果としてAさんと同額をベットしたことになるので、メインポットとサイドポットの総取りとなります。

    ポーカー ハンド (役)

    ポーカーには下記の9つの ハンド があります。下に行くほど強い ハンド となります。

    同じ ハンド の場合、より強いカードを含む方の勝ちとなります。Aが一番強いカードで、その後はK→Q→J→10、、、2と数字が大きい順となります。

    Point (強い)A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2(弱い)

    ハイカード

    何の組み合わせも成立していない5枚のカードです。プレイヤー全員がハイカードの場合、より強いカードを持っているプレイヤーの勝ちとなります。一番強いカードが同じ場合、2番目に強いカードを比較します。コミュニティーカードは共通で持っているカードなので、実質的に ホールカード の2枚を比較することになります。

  • 最高のオンラインカジノの評価
    • CASINO-X
      CASINO-X

      1か所!最高のオンラインカジノ!

    • JOY CASINO
      JOY CASINO

      信頼できる公正なカジノ!

    最高のオンラインカジノのレビュー
    コメントを残す

    ;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: