チャージバックCharge Back – オンラインカジノ用語集

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

チャージバックの認知度

一般のクレジットカード利用者は、どの程度「 チャージバック 」というカード取引上のトラブルや不正行為に対し大きな歯止めとなっている制度を理解しているのでしょうか。

  1. 翌月一括決済のカード取引にかかわる苦情申し立てについて法令を追加・修正すること。
  2. カード会社が苦情発生時の加盟店調査義務を怠った場合について法令を改めること。
  3. 現在カード業界で行われているチャージバック制度について消費者の理解を深めるため、法令にチャージバック制度の内容を織り込むこと。

チャージバックとは

チャージバック(略してCB)という言葉をお聞きになった方は多いと思います。英語のchargeとbackを組み合わせたカード業界用語です。 charge はいろいろな意味を持っていますが、その中で対価請求という意味があります。back は車の運転でよく使うback、後戻りの意味です。

チャージバック制度の誕生

VISAのチャージバック制度は1974年に始まりました。1958年は、Bank of America がクレジットカード業務の実験を開始し、BankAmericard第1号を発行してVISA International の第一歩を踏みだした年です。

それから約10年後の1969年、National Bank of Americard(NBI)が設立され、VISAカード業務が全米で本格化しました。チャージバック制度はカード業務創生時から稼動していましたが、その頃から、現在のようなチャージバックの骨格が出来上がっていたとは到底考えられません。

国際ルール

国内ルール

  1. イシュア責任を重視、アクワイアラの立場を重視しています。
  2. ネゴベースによる解決を奨励。
  3. 紛争当事者における責任分担を奨励。

国際ルールと国内ルールの違い

  1. 交渉形式、国際ルールは手続万能主義、国内ルールは「なあなあ」べースです。
  2. 紛争の形、国際ルールは固定化さている。国内ルールは「何でもござれ」式です。
  3. 加盟店倒産、国際ルールはCBはできますが国内ルールではできません。
  4. 通販、国際ルールは国内ルールに比べ手厚く規定しています。

チャージバックを行う人

加盟店とチャージバックとの関係

カード会社と加盟店の間で締結された契約は「 加盟店規約 」と呼ばれています。この規約のなかに、チャージバックに関連した取決め(加盟店の義務)があります。

  1. 加盟店はチャーバックを受けたときは、取引の調査について全面的に協力しなければなりません。チャージバックルールでは原則として120日間以内での解決が望ましいとされています。
  2. 加盟店は、カード取引の総額の5~10%を供託金として銀行に積み立てねばなりません(これをデポジットと言います)。チャージバック紛争の解決次第ではこのデポジットは没収されることもあります。
  3. 加盟店は、チャージバックが発生した場合あるいは発生の可能性が高いと判断された場合、当該取引金額をカード会社に返還しなければなりません。
  4. カード業界には、「不良加盟店」あるいは「8% Merchant Watching System」と称される国際ブランドカード会社が定めたシステムがあります。いずれも加盟店側における不正行為を監視し、その事実があればその旨をメンバーであるカード会社に警告するシステムです。加盟店は、この監視システムにひっかからないよう、あらゆる不正取引対策を取らなければなりません。 この警告にひとたびリストアップされた加盟店は、自店で行われたカード取引についてチャージバックが発生すると、絶対的に不利な立場に追い込まれます。

チャージバック・リーズン

その詳細は、VISA、MasterCard、AMEX, JCB のOperating Regulation(国際ブランドカードの基本規定)に明記されています。

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

「伝えられる?」と言うのは、現在リーズンそのものが「 対外秘 」扱いとなっており、詳細が分からないからです。そこで、これらのリーズンを推測を交えて分類すると、次のとおりとなります。

私の手元に1978年当時のVISA Operating Reguretionがあります。これによると当時は54のリーズンが挙げられていました。

  1. 伝票またはマイクロフィルムの未着
  2. 伝票判読不明
  3. カード会員番号不一致
  4. オーソリ承認なし
  5. カード無効通知違反
  6. 分割売上
  7. 規格外の伝票持込
  8. 期限切れカード使用
  9. 伝票金額の変更・改ざん
  10. 二重請求
  11. NO SHOW(ホテルに予約していたのに現れない)
  12. ノーカード取引(偽造カードによる取引など)
  13. サイン漏れ
  14. 商品未着
  15. 送付先ミス
  16. 欠陥商品
  17. サービス提供なし(ATMで現金を引き出した事実がない)
  18. 不良加盟店取引の疑い
  19. フロアリミット違反
  20. 不正取引の疑い

チャージバック・リーズンの改正

リーズンは、時代の流れ、とくにカード取引のIT化、カード取引形態の変化に応じて頻繁に見直されています。この見直し作業は1999年にスタートし、5年後の2004年に「 International Re-Engineering Disputes(RED) Project 」として本格的に稼動しています。

チャージバックの流れ

  1. カード会社、毎月のカード利用明細書をカード会員に送付。
  2. カード会員、その明細書の中のある取引について、身に覚えのない取引などを理由に苦情を申し立て利用代金の支払を拒否。
  3. イシュア、カード会員の申し立て、アクワイアラから送付を受けている取引資料
    (Presentment)等を調べて、アクワイアラに対しチャージバックすることを決定。
  4. イシュア、アクワイアラに対しすべての取引データを送付するよう請求(Retrieval Request)。
  5. アクワイアラ、2日以内にデータを送付(Fulfilment)。
  6. イシュア、チャージバックを実行。紛争解決。
  7. 2003年4月までは、話し合いがつかないときはCBは2回行うことができるとされていましたが、5月に改定されて、現在は1回限りと改められました。
  8. 解決に不満の当事者(カード会社)はさらに事案を国際ブランドカード会社の専門家委員会に持ち込むことが認められています。
最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

最高のオンラインカジノのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: