ワイルド3列固定!?ペンギンスタイルの可能性を見出しましたゾイ

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

ワイルド3列固定!?ペンギンスタイルの可能性を見出しましたゾイ

SS BROTHERHOODOF THE BELL
ザ・ベルの SS 同胞団

NASA’S NAZIS, JFK AND MAJIC-12
NASA のナチス、JFK とマジック-12

Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著

Table of Contents
目次

Part One: The “Background”:
第一部:「背景」
The “Race” to the Moon
月への「競争」

Chapter 1: “In the Nick of Time”
第一章:「時間ぎりぎりに」

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

A. “We Can Still Lose This War”
A. 「私達は、今でも、この戦争に負ける事が出来る」
B. German Potential in Late 1944 Early 1945
B. 1944年後期から1945年初期におけるドイツの効能
1. Papers for Paperclip: Project Lusty
1.ペーパークリップ(作戦)のための資料:ラスティー作戦
2. Death Beneath the Seas: The Extraordinary Capabilities of the Type XXI U-Boat
2.海の下の死:U-ボート XXI(21)機種の凄まじい能力
3. Death in the Air: The Sound Barrier Too?
3.空中における死:音速の障壁もまた?
4. Death on the Ground: Weapons of Mass Destruction in Use by the German Army on the Eastern Front in 1941
4.地上の死:1941年の東方の前線において、ドイツ陸軍によって使用された大量破壊兵器
5. Beyond Nuclear and Thermonuclear Bombs: Indications of a New Physics
5.原爆と水爆を超えて:新たな物理学の示唆

Chapter 2: “The Peenemünde Problem”
第二章:「Peenemünde (開発研究所) の問題」

A. The U.S.A. Gets the Crème de la Crème
A. 米国がクリームの中のクリーム(一番上質なもの)を得る
B. The U.S.S.R.’s Early Space Achievements
B. ソ連の早期の宇宙的な達成
1. Booster and Lift Capabilities
1.ブースター(加速器)と浮上の脳力
2. The First ICBMs and the Characteristic Russian “Bundle” Rocket
2.最初の大陸間弾道弾とロシアの「束」のロケットの特徴
C. What’s Wrong with This Picture?
C. この構図と共に、何がおかしいのか?
D. The Real Origin of the Bundle Rocket: “Projekt Zossen”
D. 束のロケットの本当の起源:「Zossen 計画」
E. SS Obergruppenführer Hans Kammler’s “Evacuation” of Peenemünde and the Russian Arrival
E. SS の親衛隊大将、ハンツ・カムラーの Peenemünde の「避難」とロシア人の到着
1. Strange Events at an “Empty” Site
1.「空っぽ」の場所における奇妙な出来事
2. The “Urals Incident”
2.「ウラルの出来事」
F. Over-The-Horizon Radars and the Amerikaraket
F. 地平線を超えたレーダーと Amerikaraket
1. The German “Proto-Transistor” and Television Miniaturization
1.ドイツの「プロト-トランジスター」とテレビの小型化
2. The Problem of the Miniature German Klystron Tube: Roswell, the E.T. Myth and the Nazi Legend Revisited
2.小型化されたドイツのクリストロン・チューブの問題:ロズウェル、E.T.神話とナチスの神話の再検証
3. Over the Horizon Radars
3.地平線を超えたレーダー

Chapter 3: “From Russia with Love”: The Two Space Programs Hypothesis
第三章:「ロシアから愛をこめて」:2つの宇宙計画の論説

「宇宙の操作は、世界の操作を意味します・・・究極の兵器よりも、もっと重要なものがあります。つまり、究極の位置で – 外宇宙の何処かにある、地球に対する完全な操作の位置です・・・」
– 大統領(当時は、米国上院議会の過半数の指導者)リンドン・ベインズ・ジョンソンの、1958年1月7日の上院議会の民主党の幹部会における演説²

著名な火星の顔の専門家、リチャード C. ホーグランド、陰謀論の研究者、ジム・キース、アポロ計画の「告発者」、デーヴィッド・パーシーとマリー・ベネット、匿名のテキサスの弁護士、有名なニュー・オーリンズの州検察官、ジム・ギャリソン、「オカルト」な著者、「ジャン・ヴァン・ヘルシング」、そして更にヴァーナー・ヴォン・ブラウン自身の全てに共通なのは何でしょう?彼等の全ては、ある意味、公共(表向き)のものと、そしてもう一つはそれ自体の目的を共にした深く秘密裡のものである、2つの宇宙計画が、随分前から存在していると信じます。

秘密裡のナヴァダの施設に忍び込んだ後、コネリー-ボンドは、究極のミサイルを破壊する、故にアメリカの核兵器を無力にする兵器として、宇宙空間における衛星において搭載される、スーパー-レーザーのためにダイアモンドを研究している – その映画の中では、メッツ博士と言う役名の – ドイツ人の科学者と、短い会話を交わします。この世界を救う使命の間ボンドは、月面着陸の細かく脚本されたスロー-モーションを行っている宇宙服を着た「宇宙飛行士達」を含んだ、月面の風景を描写したデレビの撮影のセットを通り抜けて、その施設から脱出します。それらの映画の内容は、アポロの月面着陸が、ヤラセ(作り事)だと信じる人達が、その有名な英国のスパイの役柄の創造者で、彼自身が戦時中に諜報工作員だった、イアン・フレミングが、「内部情報」を漏らしていると主張する事に、長きに渡り繋がりました。

そしてその構図をまとめるにおいて、もう一つの有名な映画が、「意図的な暴露としての映画」の陰謀論の内輪における見解に対して多大に貢献しました。その映画は、カプリコーン・ワンでした。その映画の中で、3人の宇宙飛行士達が、赤い惑星への人類初の有人飛行において、火星に向かう宇宙カプセルの中に搭乗させられました。ですが、最後のぎりぎりに、彼等はそのロケットから降ろされ – あなたが想像する様に – アメリカの南西部の砂漠における秘密裡の基地に連れていかれ、其処で、テレビカメラの前で、そして火星の地表の映画のセットの上で、その3人の宇宙飛行士達はその後、火星への旅と着陸の、慎重に脚本された彼等の役割を演じます。その陰謀の構図をまとめると、その3人の宇宙飛行士達は罪悪感にかられ、そのヤラセの全体を暴露する決心をし、そしてその計画の秘密性を確かにするために、彼等を殺害する命令が与えられます。そうこうする間、火星への任務と一致しないデータにおける異常に気付き、不信に思ったその計画の実行部の、地上の職員が暗殺されます。

A. The Two Space Program Hypothesis
A. 2つの宇宙計画の論説

1. The Torbitt Document Version
1.トービット文献のヴァージョン

その様な反応は、しかしながら、その文献の単一的な重要性を殆ど捉えません。実際に、よく知られた「陰謀論の研究者」ケン・トマスが記述する様に、それは恐らく「JFK 暗殺の研究の重要な文献で³、」衝撃的な内容をそれが含んでいるそれ以外の理由として、その内容が、順を追って、ニュー・オーリンズの州検察官、ジム・ギャリソンの、その事件の有名な(または悪名高い)捜査からのまとめを含んでいるためです。その正に注目すべき内容は、その題材についての新書が出版された時に、数年毎に流通される JFK 暗殺のヴァージョンの殆どにおいて、トービット文献の主要な人物達が殆ど記述されない事実を考慮すると、その内容は更に爆発的です。実際に、ギャリソン自身も、彼自身の調査が発見したこの特定の要素について長く考えず、そしてオリヴァー・ストーンは、彼のギャリソンの捜査についての有名な映画、JFK の中で、この要素を完全に無視しました。そうであれ、1970年代における暗殺についての委員会は、それを十分に真剣に受け取り、その暗殺とのあらゆるナチスの関連の可能性を話し合う事、または口にする事さえも全く禁止しました。

「それは当時知られていなかった政府的なスパイの機関である Defense Industrial Security CommandDISC/防衛産業安全保障の命令系統)とFBI の第五部門を関連させ;それはザプルーダー・フィルム(ケネディー暗殺の録画)の中で目撃された悪名高い「傘の男」が、ハンガリーの元首相であると提案し;グラシー・ノールの背後の鉄道の浮浪者の一人として、フレッド・クリスマンのような人物を、その暗殺の逸話へと紹介します。」⁴

読者が、それらの人物達が誰で、何故、彼等が重要なのかを知らない場合のために、簡単な説明が必要です。言及されているハンガリーの元首相はフェレンス・ナギーで、第二次世界大戦の間に、ナチスの操り人形以上のものでは無かった男です。丁度、ケネディー大統領のリムジンが通りかかった時に、彼の傘を閉じる事によって明らかに誰かにシグナルを送り、彼がグラシー・ノールの上で何をしていたのか、誰も知りません。そしてあたかもそれだけでは十分に奇妙では無かったかの様に、言及されているクリスマンは、ワシントン州シアトルのタコマの、1947年における悪名高いマウリー島の UFO 事件における彼の拘わりのためによく知られた、フレッド・クリスマン以外の何者でもありません。⁵

どんな場合であれ、その全てへの手掛かりは「Defense Industrial Security Command (DISC)」への言及によって、恐らく得られるでしょう。この組織は何だったのでしょう?此処において、トマスの紹介よりもむしろ、トービット文献を引用するのが無難でしょう:

「ケネディー大統領の殺害は、その通常の任務が諜報工作と対諜報工作の活動である Federal Bureau of Investigation (連邦捜査局/FBI)の比較的に小さな部門である、FBI の第五部門によって計画され監督されました。

「実際に、第五部門は、Defense Intelligence Agency (防衛諜報工作機関/DIA)と共に二重に活動していて、それはペンタゴンにおける統合参謀本部のために活動していました。第五部門と DIA の2人の長期的な指導者の直接の下にあったのは、そのコントロール・グループで、それらの高度に秘密裡な警察機関 – DISC でした。DISC が常に秘密に保たれたのが何故なら、2つの公式な操作の組織に加えて、それが NASA、原子力委員会(AEC)、米国情報機関(USIA)、そして NASA、AEC、USIA、そしてペンタゴンと契約していた、武器、器具、弾薬、軍需品、そして関連した種々雑多な供給を生産している企業のために活動したためです・・・

2.テキサス州ダラスの H.L. ハントによって代表された教会のアメリカン委員会の一部。

4.ネヴァダ州の元副知事で、民主党の国家委員会の会員、クリフォード・ジョーンズと、ワシントン DC のボビー・ベイカーによって代表された、ザ・シンジケート(組織)と呼ばれた、米国、カリブ諸島、そしてキューバのハヴァナの賭博師達の組織・・・このグループは、ジョー・ボナノによって代表された、マイアミのマフィア組織と共に親密に機能しました。

しかしながら、その文献を一方的に否定するのが過ちなのは、その陰謀の構成要素の慎重な検証が – その出来事のそのヴァージョンにおいて – 一つか二つの例外を除いてそれが、その陰謀論のより人気のあるヴァージョンの中の共通なテーマである、基準的な、マフィアを共にした、諜報工作機関、軍需産業複合体を含んだシナリオを明かすためです。

JFK に対する陰謀の殆どの本は、リー・ハーヴィー・オズワルドとマリーナ・オズワルドの、ダラスにおけるロシア人と白ロシア(ベラルーシ)人の亡命移民コミュニティーとの関連、そして順を追って、そのコミュニティーとの石油大企業との関係に触れます。そうであれ、この関連についてはあまり説明されません。それはあたかも、研究者達が、それを説明するために、どうしたらよいのか本当に知らない様です。人がその全てについて典型的に出くわすのは、オズワルド達の大家、ルース・ペインが、このコミュニティーにおいて関わっていて、彼女の夫、マイケルが、ヴァーナー・ヴォン・ブラウンとの連動において、ヒトラーの V-2 (ミサイル)計画の軍事的な指導者だったウォルター・ドーンバーガー将軍が雇われていた、同じベル航空会社である、ベル航空のために働いていた事です。ですが殆どの暗殺の研究者達は此処で留まり、もし人がそれらを慎重に調べれば、その問題の事実が、この東欧の亡命移民のコミュニティーの社会、組織、そしてグループが、第二次世界大戦を通して、ロシアとの国境上と、その背後で活動したドイツの軍事的な諜報工作機関の膨大なネットワーク(人脈)の – 言うなれば、生き残りだった – 北アメリカにおける関係性以外のなにものでも無かった、ナチスとの関連性がウサギの様に繁殖して増える事に実際に気付きません。

この軍事的な諜報工作のグループは Fremde Heere Ost (東方の国外の軍隊)と呼ばれ、ラインハルト・ゲーレン将軍によって指導されました。私達はこの諜報工作のネットワークと、その指導的な将軍について、後にもっと触れる機会があるでしょう。現時点において、しかしながら、そのトービット文献は、この亡命移民のコミュニティーの「代表者」としてフェレンス・ナギーを名指しする事によって、恐らく象徴的に語り、その暗殺における正に隠されたナチスの存在に対して指を指しているのかも知れないと着目されるべきです。私達は、此処で、その文献が記述する、その暗殺における最後の新たな関係者を検証する位置にいます:

3.ヴォン・ブラウンによって代表された NASA の安全保障が、アラバマ州のレッドストーン兵器庫において、防衛産業安全保障コマンド(D.I.S.C.!)の中で働いていました。

ですが、FBI と DIA のための、この不法行為の全てを調整していると主張される存在である、スイスの「パーミンデックス・コーポレーション」についてはどうなのでしょう?誰がそれに拘わっていたのでしょう?その役員会の一見が、何故それがギャリソン州検察官の注意を引いたのかを示唆するのは、勿論、それらの役員会の中にいたのが、その大統領の殺害のために、ギャリソンが実際に起訴したクレイ・ショウだったためです。ですがその他に含まれていたのは、ヒトラーのライヒ(帝国)銀行の総裁で、金融大臣であり、ヒトラーのお気に入りの SS の特殊部隊員、オットー・スコルツェニーの義理の父でもあった、ヒャルマー・シャクトの一家に婚姻した、イタリア人のファシストでした。¹⁰ですが、それらの人達だけが特殊な人物達ではありませんでした。其処にはエジプトのファルーク王の叔父¹¹、ムッソリーニ政府の下の農業大臣、そしてフェレンス・ナギー以外の、更にもう一人のハンガリー人の元ナチス、H. サイモンフェイがいました。¹²

「パーミンデックスの主要な金融的貢献者は、幾つもの米国の石油企業で、ダラスの H.L. ハント、ダラスのクリント・マーチンソン、ヒューストンのソリダリスト(極右)の指揮、ジョン・デ・メニル、シド・リチャードソンの財産、ハリバートン石油社の執行者としてのジョン・コネリー(テキサス州知事)、オクラホマのロバート・カー上院議員、ダラスのトロイ・ポスト、ニュー・オーリンズのロイド・コブ、ニュー・オーリンズの Oechner 博士、ヒューストンのブラウン&ルート社のジョージとハーマン・ブラウン、ニュー・ヨーク市のライオネル社の役員会の議長、ロイ M. コーン弁護士、ニュー・ヨーク市のシェムリー工業社、元ナチスの将軍で、彼のベル航空社のウォルター・ドーンバーガー、パン-アメリカ世界航空社とその子会社、インターコンチネンタル・ホテル企業、彼の会社、ニュー・オーリーンズのクレアボーン石油社を通した、ダラスのポール・レイゴロッツキー、カナダのクレジット・スイス、カナダのハイネッケン酒造と・・・

そしてそれが全てではありません。ジョセフ・マッカーシー上院議員の亡霊さえ、彼の法的な委員会のロイ・コーンの形状において、パーミンデックスのリストの上に漂っています。あたかもそれだけでは十分では無いかの様に、それを通してパーミンデックスが頻繁に資金を働かせた、または移動させたと主張された銀行の一つは、イタリアのデル・ラヴォロ国立銀行で、悪名高いクレジットと商業の国際的な銀行(CIA のフロント)、またはBCCI スキャンダルを含んでいた多くのその他のスキャンダルにリンクされた銀行でした。そしてこのリストの最後には、あたかもその重要性に焦点を当てるかの如く、NASA とその契約会社が「ヴァーナー・ヴォン・ブラウンによって代表された、「防衛産業安全保障コマンド(DISC)によって監督された」とトービット文献は記述します。

3.ソリダリスト(極右/テロリスト)達と FBI の第五部門(対諜報工作)の諜報工作の活動を、彼等の目的と共に同情的なグループと共に調整し、資金援助者達から実行グループへの資金と武器の受取り経路する事。

2番目と3番目の点は、しかしながら、より深い何かを示し – 米国の連邦政府の確立された公式な機関の中で、または唯一連動において活動しているグループである – 隠された諜報工作の関連だけでなく、その様なグループの独立的な資金提供のための方法と、そうするためのマネーの洗濯の方法で:莫大な量のマネーを素早く洗濯するために理想的な媒体であるカジノです。これは、マフィアの関連性と拘わりを説明し:それは、その陰謀の「低い」レベルにおいてで、そのレベルは、それらの計画を資金援助するための汚れたマネーの簡単な利用と流動を確かにするために唯一必用でした。

この全ては、パーミンデックスの後ろ楯の最後の構成要素、「防衛産業安全保障コマンド(D.I.S.C.)によって監督された、NASA の契約会社」を見解するために、それをとても奇妙なコンテキストの中に入れます。ヴォン・ブラウンの監督の下の NASA の DISC が、これと共に一体どんな関連性の可能性を持つと言うのでしょう?一つの答えは、恐らく、パーミンデックスが、石油産業だけでなく、それ以外を守るために暗殺を行ったとほのめかされた示唆の中にあるでしょう。

ミュンヘンは、勿論、彼のゲーレン機関のための、ラインハルト・ゲーレン将軍の個人的な本部でもあり¹⁶、表面上は中央諜報工作機関(CIA)と西ドイツの Bundesnachrichtendienst (BND) のために、そのスパイのネットワークと「ソリダリスト達」を、鉄のカーテンの背後とその他の場所で運営し続けました。ゲーレン機関とその多くのコネクション(人脈)は、ド・ゴールの Sureté (フランスの諜報工作) の素早く、そして効率的に捜査し排除した試みである、フランスの大統領、チャールズ・ド・ゴールに対する暗殺の試みの、その将軍の策略においてでさえも関連させられました。¹⁷

トービット文献において言及されたナチスの関連性のそれぞれは、アメリカの宇宙計画における影響的なナチスの存在を唯一示唆するだけでは無く、更に加えて、宇宙計画のための契約を与える事におけるナチスの影響力、宇宙計画の安全保障の操作(管理)におけるナチスの影響力、アメリカと西欧の諜報工作機関におけるナチスの影響力、防衛と宇宙/航空産工業におけるナチスの影響力、そして「殺人株式会社」であるパーミンデックスの背後において潜んでいる、ナチスの影響力を強くヒントします。実際に、ヴォン・ブラウン自身が、その様な影響力を可能にする「ネットワーク化」の、微笑みながら温かく歓迎している、最も上手い典型的な例の一種かも知れないのは、米国に到着した少々後に、彼が、J. エドガー・フーヴァー(FBI 長官)と、当時のリンドン・ジョンソン上院議員と友人に成る事を確かにしたためです。¹⁹ そして米国へのヴォン・ブラウンとドーンバーガーの送還を促進する手助けをした個人は誰だったでしょう?ケネディー大統領の殺害の陰謀のために、ギャリソンが究極的に起訴した男、クレイ・ショウ以外の何者でもありませんでした。²⁰ ナチスのペーパークリップ作戦の科学者達の移動をまた手助けしたのは、ゲーレン将軍以外の何者によってでもありませんでした。²¹

そのペンネーム的なウィリアム・トービットについて、私達が知っている全ては、彼が1960年代と1970年代における南テキサスの政治における顕著な弁護士だった事です。²² これは、トービット文献の啓示の全てを更に衝撃的にします。その多くの主張を一方的に否定する傾向にある人も幾らかはいる間、その場面の背後で静かに行われたナチスの影響力、そしてその他の関心 – 石油大企業、科学技術の隠蔽、マフィア、賭博とマネーの洗濯、宇宙/航空産業と防衛を共にした – 連動において働き – そしてそれにおいて効率的に働いている影響力の構図を浮上させます。

2. The Hidden Planetary Geology, Climate, and Archaeology Versions:
2.隠された惑星的な地学、気候、そして考古学ヴァージョン
a. The Absurdist Versions
a. 馬鹿馬鹿しい主張者のヴァージョン

金星は、その雲の覆いの下で、私達が教えられた様に、二酸化炭素の圧力調理器とグリーンハウス(ガス)の不毛な砂漠では無く、植物が豊かで温暖な惑星で、実際の楽園です。そして、もし人がアダムスキーを信じるなら – そしてこの筆者は全く信じませんが – それは地球上に制限された人類に対して希望のメッセージをもたらした、友好的な、金髪で青い眼の、平和的で素晴らしい民族であり、人間の宇宙における兄弟達の故郷です。

b. A Scientifically and Politically Plausible Version: The Hoagland Version
b. 科学的、そして政治的に可能なヴァージョン:ホーグランドのヴァージョン

The Hoagland Model
ホーグランドのモデル

更にもっと真剣で、そしてもっと可能性があるものは、人工的な起源であると強く示唆すると彼が信じる、火星のシドニア地域における、異例的な火星の地表の特徴の、現在進行形の調査との彼の関連のために、最もよく知られた、リチャード C. ホーグランドによって、長年に渡り様々な方法において主張されました。

結局の処、それらが長年に及ぶ研究を通して進化し続け、それら自体の学術的な研究を必要とするので – 此処においてホーグランドの見解を延長して表す事は可能では無い間 – 人が、彼のヴァージョンの幾つかの要素をまとめているとして指摘出来るかも知れない、特定の安定的な特徴があります:

2.このコンテキストにおいて、隠蔽の一つの方法は、その様な接触、または文明の遺物の存在を示唆する、写真やその他の科学的なデータの改竄です。もう一つの方法は、火星上の顔を「光と影のトリック」でしか無いと言う、NASA のヴァイキング(探査機)後の否定の様に、事後の証拠を真っ向から否定する事です。それらとその他の戦法は、その後も、現在まで、宇宙探査機によって異例的な発見が送信された際に何時でも、NASA によって使用されています。

3.ホーグランドの見解の3つ目の要素は「隠された宇宙計画」が存在すると言う事で、または詳しく言うと、計画に帰属させられたスケジュールの決定、命名、そしてシンボリズム(象徴化)に対して秘儀的、またはオカルト(隠された)方向性において影響力を行使している NASA の内部のグループの存在です。この主張の補足の中で、ホーグランドは、マーキュリー(水星/水銀/ヘルメス)、ジェミニ(双子座)、そしてアポロ(太陽神)計画の期間の、特に NASA の初期の日々における、宇宙飛行士の団体におけるメイソン達の圧倒性に着目しました。加えて、ホーグランドは、その計画の多くが、あたかも宇宙計画が、その宇宙計画自体を通して、惑星的な規模の上で行われている儀式的なマジックの膨大なシステムにおける意図的な行いとして、重要で天界(占星学)的な相関関係と並ぶためにデザインされたと主張します。

3. The “Alternative Three” Version
3.「オルタナティヴ・スリー」のヴァージョン

Alternative 3 1977
オルタナティヴ・スリー、1977年

「1960年代の中期に米国において始まったキャトル・ミューティレーションを思い出させる出来事として、イングランドのダートモーアーにおける、15頭の野生のポニーの死が述べられました。事実的な CIA の MK ウルトラのマインド・コントロール(洗脳)の残虐行為もまた触れられましたが、特に詳細では無く、オルタナティヴ3に対する信用可能なリンクはありませんでした。その話の途中で、宇宙におけるロシア-アメリカの協力の例が描写され、そして何人もの記憶喪失の被害者達の悲劇の説明を私達は与えられましたが、これ等のいずれも、オルタナティヴ・スリーのテーゼの中核には殆ど関係ありませんでした。」²⁷

その全て – 一冊の本と一つの「ドキュメンタリー」の – 終わりにおいて、人はオルタナティヴ3をどう捉えれば良いのでしょう?ジム・キースは、その逸話全体を以下の方法でまとめます:

「まとめるにおいて、オルタナティヴ・スリーは、全く実証化に欠けるテレビの脚本と一冊の本で、そしてその本は特に、『2つの頭を持つ宇宙人が、エルヴィスの子供を産んだ』で有名な、週刊ワールド・ニュースと同じなスタイルにおいて書かれました。フリート通り(新聞/出版社が集結する通り)の周りにおける、1940年代の驚き仰天の逸話の熱狂の方法に沿って、オルタナティヴ・スリーを推進させるものは、「秘密の書類」、存在しない人物とのインタヴュー、そしてそれ以上に、「私達は事実においてのみ関心がある」とその著者達が繰り返し主張する間、ブラッド・ステイガーの最新の UFO の傑作の様に、数多くの疑問視される結論に溢れた、テレビ番組と本です・・・

その件のそれらの要素を調査した、陰謀論の研究者、ジム・キースは、少々刺激的な結論に到達しますが、とても刺激的過ぎて、実際に、彼の著書、マインド・コントロールと UFOs: オルタナティヴ3の事件簿は、彼がそれを探求するために割く時間の量の実質によって単純に示唆されますが、直接それに明言する事を、彼は殆ど行いません。

キースがリストするそれらの中にいたのは:スーパーコンピューターの専門家、キース・ボウデン;マルコーニ防衛システムの設計者で(ショットガンの銃撃で、彼自身を殺したとされる)ロジャー・ヒル;マルコーニの親会社、GEC のデジタル通信の専門家、ジョナサン・ウォルシュ;ドイツのシーメンズ社の研究の主任、カール-ハインツ・ベッカーツと彼の運転手;そしてキースはこう記述します:「国際ナチスのオットー・スコルツェニーの活動に結び付いたとされる SDI (戦略防衛構想)の契約者」で、コンピューター・ガイダンス・システムの専門家、 Vimal Dajibhai ;西ドイツの防衛大臣、ハンツ-ディートリック Genscher への高級助言者、ゲロルド・ヴォン Braunmuhl;もう一人のマルコーニの社員、アシャッド・シャリフ;スウェーデン人の教授、スヴァンテ・オーデン;イタリアの電気機器の役員、ランドー・コンティ;SDI の科学技術の専門家、Aytar Singh-Gida;英国の防衛省の契約労働者、リチャード Pugh;コンピューターの専門家、ジョン・ブリテン;スウェーデンの兵器の監査人、カル・フレデリック Algernon ・・・等々と、キースのリストは続きます。³⁰

「1986年7月において、ドイツの連邦検察官、カート・レブマンは、その攻撃が、西洋と SDI 計画に対する「統制された攻撃」の一部であると彼が信じた事をニュー・ヨーク・タイムズ紙に伝えました。

「ですから、誰がスターウォーズ(SDI 計画)の科学者達を殺害したのでしょう?少なくとも2つの事件、ベッカーツとヴォン Braunmuhl の場合、マルクス主義者の赤軍の派閥(RAF)が責任を宣言しました。イタリアにおいて、Griogieri の殺害現場からメモが見つけられ、彼が「スターウォーズ計画に対するイタリアの癒着に続いて行われた彼の責任のために排他的に討たれた」と明言しました。そしてその殺害は、イタリアのレッド・ブリゲードに帰属させられました。勿論、メモが偽造されるのは簡単で、もし2つのグループが殺害の全てを行ったのなら、2つの事件においてのみ責任を主張する事実は奇妙です。」³¹

一つの説明は、明らかなもので、つまり、「ロナルド・レーガンによって押し売りされたものは防衛的な計画をもたらす事から遥かに遠く、SDI が凄まじい攻撃能力を持っていた事が、クレムリンにとって明らかだった事でした。」³² これは、私達が第二部の中で見る様に、真実です。³³ ですがどんな場合であれ、キースの結論は理論的で:その奇妙な死の、最も明らかな容疑者達は、SDI を使用する事から西洋を思いとどまらせる事を望んだ、ソヴィエト達でした。

ですがキースによると同様にもう一つの可能性があり:「もし実際にこの惑星上に、秘密裡の空飛ぶ円盤の科学技術があり、何処かの知られざる地域からのその突然の攻撃の能力が隠されているなら、すると SDI は、その様な乗り物に照準を定め撃墜する能力のある科学技術として見解されるかも知れないと、私はまた思いつきました。」³⁴ つまり、もしその様な先進的な乗り物を完璧化している「独立的なグループ」があるなら、するとそのグループもまた、SDI を危険視し、それを脱線させる事を求める、または、真逆に、その敵に対してはそれらの科学技術を妨害する間、それを会得し利用する事を求めるかも知れません。

キースの本の大部分が情報を与えるのは、この可能性です。アメリカとナチスの事業の関係の戦前のネットワーク(人脈)に対してこの可能性を辿り、彼は直ぐに可能性の一つの位置に辿り着き:「OSS (後の CIA)に対するドイツの東方の国外の陸軍(Fremde Heere Ost)の軍事諜報工作部門の「投降」で、ラインハルト・ゲーレン将軍と、後の CIA 長官で、ウォーレン委員会の構成員だった、チューリッヒにおける OSS の部署の主任、アレン・ダレスの間で話し合われた手打ちでした。ですがその「投降」は、多くが指摘した様に、唯一、表向きのものでした。キースのまとめは相応しく:

「その研究は、ナチスのスパイマスターで、後のマルタ騎士団員であるラインハルト・ゲーレン将軍が、アレン・ダレスとアメリカの OSS (Office of Strategic Service)と話し合いを開始した時である、第三帝国の崩壊の直後を取り上げました。彼自身の生き残りと、彼の巨大なスパイ・ネットワークの生き残りを供給する切り札として、ナチスの諜報工作のネットワークを利用し、ゲーレンは、ダレスとの別々の和平を結び、アメリカの諜報工作機関に、ナチスのスパイ組織が綺麗に移植される事に結果しました。これは、CIA の誕生で、今日まで続く裏切りの連鎖です。」³⁵

実際に、多くのその他が指摘した様に、CIA の設立において、その機関の「ソヴィエト部門」は全ての意図と目的において、殆ど全体的に、そして排他的に、このナチスのスパイのネットワークの構成でした。³⁶ この手打ちを思い返すゲーレン自身の言葉は、臨床的にゾッとするものです:

言葉を変えると、アメリカの連邦政府の一つの全体的な部署 – 実際に、最も機密的な部署の一つが – 典型的なトロイの木馬の作戦において、第三帝国(ナチス・ドイツ)の工作員達によって運営されていました!³⁸ ゲーレンの「組織」における数千人の工作員達、そしてその「亡命移民」のグループとフロント(建前)の大規模なネットワークと共に、ゲーレン機関は「CIA が産み出される前に、その民間的な特徴を実質的に、事前排除し・・・故に法律的な見解から CIA が何であったにせよ、それは実質的な諜報工作の立場からは、ナチスのスパイ達の住処のためのフロントのままでした」と、歴史家のカール・オグルスビーは記述しました。³⁹

スコルツェニーは、元ライヒ(帝国)銀行の総裁だった、ヒャルマー・ホレイス・グリーリー・シャクトの義理の息子だったので、彼がその他の、より上級のナチスのための代理だった可能性が高いでしょう。ですが、もし、アメリカの戦後の諜報工作と、国家安全保障の機関へのナチスの侵入が、「共産主義に対する統一されたフロント」の旗印しの下のトロイの木馬作戦なら、ナチスの科学者達と科学技術の分散はどうだったのでしょう?一流のナチスの科学者達と技術開発者達を起用するための、アメリカの戦後の計画である – 悪名高いペーパークリップ作戦は – 少なくともドイツ側から見解された時、同じような作戦として見られたのでしょうか?

証拠が乏しい中、それはそれでも、思考を駆り立てます。それは、終戦直後のドイツにおけるアメリカの高等弁務官:ジョン J. マクロイと共に始まります。当時、戦争犯罪の裁判で、絞首刑の判決を受けていた、彼の元上司、ウォルター・ドーンバーガーがいなければ、アメリカの宇宙計画において働く事を、ヴァーナー・ヴォン・ブラウンが拒否した時、介入してドーンバーガーに完全な免罪を与えたのはマクロイでした。⁴³ 実際に、マクロイは、戦争犯罪に問われていた70,000人以上のナチスを免罪にしました。⁴⁴ 多分、これが驚く事では無いのは、マクロイが、第一次世界大戦の後において「I.G. ファーベン社に雇われた弁護士で」、1936年のオリンピックのベルリン大会において、ヒトラー自身と共に観覧ボックスを分かち合った人物であったためです。⁴⁵ そしておまけに付け加えると、マクロイは、アレン・ダレスと同じ様に、ウォーレン委員会の一員としてまた奉仕しました。米国に到着すると、ナチスの科学者達は、勿論、詳しく監視されましたが・・・厳しすぎる程では無かった様です。キースが記述する様に、「陸軍のために、ドイツ人のロケット科学者達の尋問者だったウォルター・ジェッセルは、米国の士官達から情報を隠すための、ヴォン・ブラウン、ドーンバーガー、そしてドーンバーガーの参謀長との間の陰謀が存在したと主張しました。⁴⁶ ヴォン・ブラウンのロケットが無事に、アポロの月へのロケットを含み、アメリカの宇宙計画の背骨に成ると同時に、アメリカの間大陸弾道弾の背骨に成った事実を与えられると、重要な問いが故に浮上しますが:ヴォン・ブラウンとドーンバーガーが隠していたのは一体何だったのでしょう?

キースのシナリオは十分に鮮明で、そして – 大まかな概要において – 此処において応用されるものと同じもので、つまり:

(2)アメリカの諜報工作機関へと、鉄の壁(東欧)の中のその延長的なスパイ工作のネットワークを共にした、ゲーレンの Fremde Heere Ost を移植する事と共に、強力な秘密裡の組織が創造され、国際的な影響力、野望、そして金融をその背後にした組織でした。

4. Fantasia in the Desert: The William Lyne Version
4.砂漠の中のファンタジア:ウィリアム・リンのヴァージョン

また、2つの宇宙計画の論説の奇怪な側にあるのは、ニュー・メキシコ州の著者で、陰謀論者のウィリアム・リンのヴァージョンで、彼は、彼のヴァージョンを3冊の著書、ペンタゴンのエイリアン達(元々の題名はペンタゴンからの宇宙エイリアン達でした)、オカルトのエーテル物理学、そしてオカルトの科学の独裁政治の中で概要しました。彼の研究を多く(の人達)が単純に否定するのは、とても奇怪で、頻繁に有りえ無い様な主張が豊富なためで、自由に新たな要素を加える間、基準的な UFO の「ナチスの伝説」や、「ヒトラーの生き残り」を繰り返す間に頻繁に挟まれた、彼の研究をまた特徴化させる幾つもの重要な洞察とヒントを見逃すためです。

例えば – 全く証拠無しで – アドルフとエヴァ・ヒトラーが、その戦争から生き残っただけでなく、有名なドイツ人の飛行士、ハンナ Reitsch とドイツのルフトワッフ(空軍)のエース、ハンツ・ユーリック・ルデルによって操縦された空飛ぶ円盤に乗って、ドイツから脱出したと、リンは主張します!⁴⁹ あたかもそれだけでは十分では無いかの如く、彼等が秘密裡の NATO の同意によって保護され、ドイツのカッセルにおいて幸せに生き続け⁵⁰、そしてリンドン・ジョンソンの招待の下で、テキサス州のサン・アントニオの万博を訪問し、其処で後に、アドルフは明らかに、彼の芸術への関心を実行し、そしてその美しい妻、エヴァは偶然にも、リンが座って絵を模写していた、西テキサスの芸術の展覧会を訪れたと、彼は加えます!そして、リンがその詳細を残さず描くのは、総統閣下が訪れる前に、大柄な警護の人員達がその芸術展覧会のそれぞれのブースをその訪問の前に調べて回ったと詳細するためです!もし人が、年老いて、熱さにうだったヒトラーが、ポークパイの帽子を被り(勿論、逆卍がついていない)ダブル・ブレストの背広を着て、忠実なエヴァが、恐らく、彼女の有名なホーム・ムービーのためにその訪問の全体を撮影しているのを想像出来るなら、人は何故多く(の人達)が、リンのその他の主張を全体的に、そして一方的に否定するかを理解出来るでしょう。

「その戦争の間、ドイツの科学者達は、「原子爆弾」の開発を素通りし、ニュートロン(中性子)爆弾を製造し、実験しました。ドイツの陸軍元帥(sic)アーウィン・ロンメルと Afrika Korps (アフリカ侵略部隊)は、元々、ニュートロン爆弾と同時に、テスラの(敵の軍全体を凍らせる)「死の光線」の実験を行うために北アフリカに送り込まれ;この科学技術は、アメリカの企業によって入手され、特にデーヴィッド・ロックフェラーによって所有され、そしてその後、60年代において米国政府に対して部分的に販売され、そして実験され、更にその同じ科学技術が、70年代と80年代において「スターウォーズ」(SDI、または戦略防衛構想)の科学技術として米国政府に対して再び販売されました。」⁵²

その主張が、ワイルドでファンタスティックに聞こえる間、そして実際にあなたの筆者は、アフリカ、またはその他の場所においてナチスによって実験されたニュートロン爆弾を信じませんが、リンに対してフェアに成るなら、1945年3月4日に行われたとされる Ohrdruf の核爆弾の実験は、小さな限界質量を共にした爆弾だった事が思い出されるべきで – もし実際に起こったのなら – それによって放射の源泉であるニュートロンが、限界質量の集合体に加えられ、元々の核の連鎖反応へと、より多くのニュートロンを許し、そしてそれによってより低い限界質量を許す、「ブーストされた核分裂」の行程を通して、唯一起こる事が可能にされた事です。これは、ある意味において、ニュートロン爆弾からの一歩手前です。同様に指摘されるべきなのは、1993年7月におけるペンタゴンのエイリアン達(元々の題名、ペンタゴンからの宇宙エイリアン達)の初版の中でリンが最初に主張した時、戦時中の Ohrdruf の実験と、その他のドイツの核実験の主張は、表面に現れ始めたばかりで、リンが、彼の主張をそれらのドイツの情報源に基づけさせた可能性が低いためです。

「ロンメルのアフリカ占領軍からの捕虜達が、ニュー・メキシコ州のロズウェル(!)にもたらされた時、彼等はニュー・ヨークがキノコ雲によって破壊されているのを表している、ロンメルの現場の石版工達によって明らかに印刷されたとされる、少々奇妙な絵葉書を持っていました。後に、彼等のミッドランドのテキサスのオフィスにおいて、カリフォルニア州のユニオン石油会社の技術開発者に成り、そして1962年においてジョン F. ケネディー大統領のために U.S.G.S.(米国地質学調査)を準備した、その基地の司令官、デーヴ・ダンは、それら(の絵葉書)をユーモアに溢れていると考え、彼が記念品として保存した一つを私に見せました。事実は、しかしながら、リビアの砂漠におけるロンメルの主要な任務は、ニュートロン爆弾を実験する事でした。彼の軍によって運ばれた絵葉書は、士気を高めるためのもので、ニュー・ヨークの街の写真の上に、彼等が実際に実験し、写真を撮った、爆弾のキノコ雲を合成したものでした。彼等が – ドイツの設計書から – 最初の原爆を造ったと言う、マンハッタン計画の人員達の主張は、真実でした。アインシュタインは、私達がドイツに対して原爆を使用するであろうと言う確固たる信念の下で、その盗まれた設計書を私達へともたらしました。ドイツの原爆の設計書を得る事において、連合軍は既に成功していたので、ヴァーナー・ヘイゼンバーグは単に原爆を素通りし、ニュートロン爆弾を製造しました。私にとってのその問いは「もし」では無く、「どの様に」(ドイツ人達は彼等のニュートロン爆弾を造ったのか)でした。」⁵⁴

「アメリカの中性子爆弾の開発者、サム・コーヘン博士は、「赤い水銀」と呼ばれる謎めいた素材の生産と販売をロシアまで辿ります。赤い水銀は、酸化水銀アンチモンで、ニュートロンの爆発のために必要な状態を創造するために、その密度をジェル状態まで、放射線の照射と圧力によって、特別に準備されたものです。その少量がその後、「(放射能汚染の少ない)綺麗な爆弾」のための、殺傷的な中性子を産出している重水素の少量を爆発させるための原子的な引き金(原爆)、または起爆剤として使用される事が可能です。⁵⁵ 1992年2月において、ロシアの大統領、ボリス・イェリツィンは、年間10トンまでの量において、「赤い水銀」を『製造、購買、保管、輸送、配達、そしてルーブルと国外の通貨のために販売する』事を、イェリツィンの環境的な助言者によって代表されたロシアの企業、プレオメコロギア社に許可する命令番号75-RPS に署名しました。その命令はその様な「貴重な生の素材」の輸出に対するロシア国内からの批判のために、1年後に無効にされました。2004年の春の、英国のチャンネル・フォー(「英国の PBS」)のドキュメンタリーの中で、一人のロシア人の核化学者は、1965年以来彼が、赤い水銀を開発し、そしてそれは現在、ロシア中部の街、エカタリンブルグにおける工場で産出されており、そしてロシアにおいてそれから核融合兵器が製造されているのを認めました。コーヘンは、赤い水銀から「野球のボール(サイズ)の爆弾」産出するために、未来のテロリスト達の最大の危険性の一つを体現すると信じます・・・もしドイツ人達が、北アフリカにおいてニュートロン爆弾を実際に実験していたなら、ロシア人達が彼等の核開発において起用したのがドイツ人の治金学者達と核化学者達で、そして今までに産出された何よりも純粋なプルトニウムの、ドイツの第二次世界大戦の供給を産出したのが彼等だったので、それ(北アフリカにおけるニュートロン爆弾)は、赤い水銀を共にして算出されたと、私は賭けてもいいでしょう・・・」⁵⁶

ですが再び、人が彼の主張を簡単に否定する事が出来ないのは、私の以前の著書、黒い太陽の帝国の中で詳細された様に、1945年の Ohrdruf におけるナチスの原爆の実験と主張されたものは、100グラム程度以上では無い限界質量の高い破壊力の機器(爆弾)で、その事実が、もし真実であれば、とても純粋なプルトニウムと、ブーストされた核融合と共にのみ、唯一可能です。つまり、奇妙にも、統一後のドイツから起因した、類似していたその後の主張、そして年配の目撃証人達と、彼等の親戚の目撃証人達の逸話を引用する事に加えて、それらの逸話の文献(書類/記録)、またはその他の方法によって協力証言させる事を求める、更にもっと多数のドイツ人の研究者達によって並行される主張を、リンは再び行ったと言う事です。

リンのニュートロン爆弾の実験の話しが故にまた、2つの宇宙計画の論説の彼のヴァージョンへの扉を開き始めるのは、その主要な要素の一つが、ナチスが実際に達成した事に対して、彼等が達成したと私達が伝えられた事だと明らかに示唆するためです。ですがその論説のリンのヴァージョンのもう一つの主要な要素が、この奇妙な説明からまた浮上し、そしてそれは隠蔽されたとされる科学と科学技術の秘密裡の開発です。そしてこれは、終に、その論説自体のリンのヴァージョンへと、私達をもたらします。彼のヴァージョンには3つの要素があり:(1)一般大衆(表向き)の消費のための相対性物理学 対 オカルトされた(隠された)エーテル物理学、(2)国家安全保障法と科学的な隠蔽、そして(3)上述におけるナチスの役割です。

a. Public Consumption versus Occulted Aether Physics
a. 一般的な(表向きの)消化 対 オカルトされた(隠された)エーテル物理学

リンにとって、「オカルトされたエーテル物理学」の隠蔽は、2つの中心的な要素で構成されている計画を必要とし:(1)どれだけ記録が不透明であろうとも、またはどれだけ一般大衆には制限されていようにも拘らず、一度は、何処かで公の記録に入った珍しい物理学の隠蔽です。直ぐに目撃される様に、これは、その隠蔽された物理学の再構築を難しくさせるための様々な策略を含みます。(2)二つ目の要素は、「一般大衆の消費」のための物理学のオルタナティヴなヴァージョンの創造、またはリンがそれを表現する様に – 20世紀における物理学の行き止まりのための責任があると彼が考える処の明らかな輪郭を描いている – 「時空間」の「繊維」や「枠の引きずり」の様な珍しいフレーズが詰め込まれた「相対性理論の鎮静剤」を一般大衆に与えていて、エーテルは「相対的な」エーテル⁶⁰ として誤って考えられていますが、その全ては「彼等」が隠蔽する事を望むアイデアを示唆し、つまり、「エーテルの存在」です。⁵⁹ その理由は眼を疑う程に単純で:「『エーテル物理学』は、その正に本質と名前によって、準原子的な物理学」であるためです。⁶¹ 相対性理論的な物理学は、対照的に、とても大きなものの物理学です。そして数々の物理学の教科書と大衆化(大衆への浸透)が数え切れない程、何度も繰り返した様に、相対性理論、そして量子力学の発展以来、物理学の目標は、どうにかしてその2つの理論を一つにまとめる事でした。その二番目の要素のために、アインシュタインの相対性理論が、行き止まりが保証された物理学である、「一般大衆の(表向きの)消費の物理学」の創造の重要な構成要素であるとリンが信じるのは鮮明です。

この問いに対するリンの答えは、彼の – 珍しくも – 上手く文章化されていますが、エーテルの簡潔な歴史の中に隠されていて、そして彼の記述を長文で引用するには価値があります:

「幾らかの困難の後、私はサー・エドモンド・ウィティカー(E.T. ウィティカー)著のエーテルと電気の理論の歴史(1951年に再編集され拡大化された2度目の再販、第一巻と二巻)のクラシック(古典的)なコピーを読む事が出来ました。この本の1910年の初版は、1910年においてそれまでに出版されていた、存在していたエーテル理論についての、最も包括的な本でしたが、1951年の再検証は単に、「(当時の物理学に)受け入れ可能な」エーテル物理学をはっきりと説明しました。その初版は、デカルトの時代から19世紀の終わりまでの、エーテルと電気の理論の歴史と題され、スコットランドにおいて出版されました。その再版は、量子力学に関係した「新たな素材(知識)」を含んでいました。古典的な理論は第一巻に納められ、その間、第二巻は、1926年までの相対性理論と量子力学の理論の起源を与えました。1910年の初版も、1951年の再版も、 テスラに言及せずその年代歴的な一連は、その再版の中で「歪められた」様に現れ、科学者達が実際に目的としていたものが何であったかを指摘する試みが、殆どまたは全く無い様でした・・・」⁶²

(1) Lyne’s History of Aether Physics
(1)エーテル物理学のリンによる歴史

2つの宇宙計画の論説のリンのヴァージョンを完全に理解するために、リンが行う「エーテル物理学」の再構築の、より広いコンテキストの中で、その中心部分である – ニコラ・テスラの研究と、ナチスの下で続けられたとされるその主張を – 検証する事が必要です。よって、この部分は恐らく、少々長く、そして恐らく多少テクニカル(技術的)でしょう。そうであれ、テスラがとても優れたエーテル物理学者だったとするリンの主張には不可欠です。⁶⁵ リンが述べる様に、「テスラがそれらの発見に対して何を貢献したのかを理解するため、そしてそれを不透明にし、誤解させ、そして究極的に隠蔽するまでに、当時以来、何が起こったのかを判断するために、テスラまで繋がった、知られている理論を検証する事が、私の意図でした。」⁶⁶

「トムソンは、マックスウェル“>マックスウェルの、より以前の理論に基づけて – 直線において運動している、チャージ(蓄電)された球体的な伝導体は、その媒質の中で変位電流を産出しなければならないと理論化しました(Phil. Mag. Xi, 220ページ)。12年後の1893年に、「電気的な推進力(運動量)」を発見したと主張し、「・・・電気的、そして磁気的なヴェクトルのヴェクトル産出に比例して、電磁的なフィールド(場)の中には、機械的な運動量の量単位毎の量が蓄えられている、」と述べました。(J.J. トムソン、電気と磁気における最近の研究[1893年]、13ページ)トムソンはまた、1891年において、磁気を二次的な力と考える事を共にして、分子の構造は、静電的な力のチューブと親密に関連しているとの述べた – ファラデーの、より以前の研究に立ち返り – 力の運動しているチューブ(筒)の理論を発達させたと述べました。「・・・エーテル自体は、量単位[D-B]毎の量(1/4π C)の、機械的な推進力/運動量の媒介物である」と明言しました(Phil. Mag. xxxi[1981年(1891年?)]、149ページ;電気と磁気における最近の研究[1893年]、第一章)。」⁶⁷
(注: C = 光速)

紙の上で、数学的に、そして統一された方法において、電磁気と推進力/運動量をリンクさせた J.J. トムソンの理論は、テスラのそれ以前の実験によって証明された、1891年のテスラのより以前の講義を、ある意味、繰り返しましたが、テスラの理論は、間違いだったトムソンの理論からは異なっていました。トムソンの電磁的な推進力/運動量は、テスラの実験所において唯一、トムソンの「発見」の以前に存在していた、テスラの考案(実験道具)と共に唯一その場で造り出される事が可能だったので、それを確認するための実践、または実験へとトムソンが「彼の」理論をまとめる事が出来る方法はありませんでした。」⁶⁹

1856年にケルヴィン卿は、権威ある王立学会の会報において、体の熱と熱運動(振動)と共に結びついた回転的な特徴を磁気は有していると主張しました。⁷¹ ケルヴィンの研究が重要なのが正に何故なら、テスラが「彼自身の発見と応用に対する前章として、彼(ケルヴィン)の研究に・・・多くの言及をしたためです。」⁷² 1870年までにケルヴィンは、リンがそれらをまとめる様に、「『重力的な運動』は、電流、または機械的なパルス(衝動)によって振動させられた球体の媒体によって誘導させられる事が出来ると示唆する様な」幾つもの実験を行いました。⁷³

ケルヴィン卿の実験は、1877年と1910年の歳月の間に、C.A. Bjerkns によって拡張されました。

(2) Lyne’s Version of Tesla Physics
(2)テスラ物理学のリンのヴァージョン

私達が此処で、リンの物理学の再構築の中心と、2つの宇宙計画の論説の彼のヴァージョンへと至るのは、このより広いコンテキストの中で:ニコラ・テスラの研究と、始めから隠され、そして究極の動機であると、リンが信じるものです。リンが指摘する様に、オカルトのエーテル物理学の中で彼が引用する記事は、「オーストリアの Graz の専門大学におけるテスラの学生時代に」、彼にとって利用可能でした。⁷⁸ 更に加えて、彼自身の実験における、テスラのケルヴィン卿に対する尊敬と、彼の研究の応用は、よく知られていました。

ニコラ・テスラは殆ど、隠蔽された物理学の存在理由でした。⁷⁹ 近代社会と文化に対して、それ程多くを貢献した、単一の科学者、または技術開発者は、他にはいませんでしたが、テスラ程、「科学、発明、そして科学技術の大辞典や本から、(彼の)名前がその様な長期的で完全な削除」の対象に成った、その他の科学者や技術開発者は一人もいませんでした。⁷⁹ これがとても一貫的だったので、彼は殆ど、『科学の歴史における「透明人間」です。』⁸⁰

ニュー・ヨーク・タイムズ紙の1940年9月22日号の中の、ウイリアム L. ローレンスの記事を引用し、リンは、テスラが、彼が「テレフォース」と呼んだ、新たな力を発見したと主張したと着目します。彼の有名なコロラド・スプリングスの実験を拡張し、テスラは1900年と1940年の間の発見と実験において、この力を探求し、大気中において波を創造する新たな方法、『とても大規模で電気的な力を創造する「新たな」方法』と同時に、その力を増大させる新たな方法と、電気的な推進力の新たな方法を発見したと主張しました。⁸⁴ 実際にテスラは、1870年代に彼が学生だった頃に最初に思いついて以来、電気的な空飛ぶ機械のこのヴィジョンを持ち続けました。「初めから1875年において電気的な科学の分野に彼が元々進んだのは」この機械を実現する事が理由だったとテスラが述べたと、リンは観測します。⁸⁵ 言い換えると、テスラの生涯の研究の全ての、統一しているテーマと究極の動機は、電気的な空飛ぶ機械を創造する事だったとリンは信じます。

1938年における講義において、テスラは、上述の5つの要素の中心的な理論が、1893年までに考え出された – 彼の「重力の流動的な理論」であると – 明言しました。⁸⁶ その講義の中でテスラは、「彼の秘密裡の開発」が完成した時に、彼が「世界に与える」事を計画している、2つの重大な発見について言及しました。⁸⁷ それらの2つの発見は、リンによると、重力の流動的な理論と、「環境的なエネルギー」のアイデアで、i.e. 「環境(エーテル)から受け取ったエネルギー以外に、物質の中にエネルギーが無い」と言うアイデアです。⁸⁸

ですがもし、テスラの1938年の明言が、それ以前の一般的な発達、そして特にケルヴィン卿の実験のより広いコンテキストの中で見解されると、エーテルについてのテスラの先進的な見解と、彼の重力の「流動的な理論」に何が必然的に伴ったのかには、ヒントがあります。これは、天体の運動への彼の鮮明な言及と、彼の双極の観測はスケール(規模)が無関係であると言う事実で、i.e. 原子的なものから惑星的な規模まで、物質の全ての大きさに対して応用可能であると言う事です。故にテスラは、エーテルを流動的な感覚において見解しているだけでなく、回転の構造としての渦巻きとして見解している様に現れます。⁹¹ それらはテスラが、相対性理論よりも、より高い秩序のトポロジー(位相数学)の定義において既に考えていた事の重要な示唆です。⁹²

「テスラは、方向づけられたパルスの、低フリクエンシーのビームを使用する事によって、1/4の波長において、大きな電磁的なパルスの爆発を彼が原因出来る事を発見し、それは、もっとより高い刺激的な波を運ぶ事によって、その地域の大気中の気体を刺激し、それらを爆発的に膨張させる事が可能で、その地域における凄まじい内破(爆縮)と大量の熱の吸収によって続かれ、一瞬にした凍結を原因すると発見しました。この行程は、核爆発に類似した、元々の爆発の衝撃波と、それに続く爆縮の波を創造します。例えば、キャリア(運ぶもの)のビームに方向づけられた3,100マイルの波長を共にした、(毎秒)60(サイクル)の低フリクエンシーを使用する事によって、1/4波長 -775マイル、速度の要素によって修正されると 751マイルにおいて爆発させられる事が可能です。例えば50メガヘルツ程度の刺激的なフリクエンシーを重ね合わせる事によって、大気的な気体は「冷たい爆発」を原因するために刺激される事が可能で、それは熱を吸収します。波長とその伝播の方向を変化させる事によって、あらゆる地域的な地点に対してその結果(爆発)をもたらす事が出来ます。」¹⁰²

この「冷たい爆発」と「爆発的で大気的な加熱」を頭に入れておいてもらいたいのは、それらがスカラー兵器の開発の重要な特徴であると目撃されるためです。実際に、テスラが、彼の新たな力 – 「テレフォース」の – ための名前をとても慎重に選んだのは、正にその名前が「距離(遠隔)における」力の応用を意味したためです。¹⁰³ そして、次の章の中で見られる様に、2種類の効能を通したその媒質の電気的なストレスは、高フリクエンシーのパルス化と、渦巻き的な運動を加えて、ザ・ベルの機能における正に原則として現れるためです。

b. The National Security Act and Scientific Suppression
b. 国家安全保障法と科学的な隠蔽

これに協力証言するために、テスラの同年代の人で、友人であり、そしてクラシックな伝記、放蕩な天才:ニコラ・テスラの人生を書いた伝記著者、ジョン J. オニールが、その本を出版するために、全て同じ月において、少なからず3度出版しようと試みたと、リンは観測します!リンは、こう皮肉ります:

「あなたが不思議に思った場合のために、その同じ月におけるその3度の出版は、本屋における大売り上げによるものでは無く、むしろオニールが FBI によって脅迫され、検閲され、内容に対する彼等の削除と検閲のために、何度も再出版する事を強要されたためで、それは今日までも機密にされたままです。」¹⁰⁴

テスラは、政府の偽情報とは対照的に、こまめにメモを取る人でした。リンが記述した様に、「彼のコロラド・スプリングスの実験だけでも、大きなフォーマットの、433ページの本のために十分なノートの量でした。」¹⁰⁵ そして彼の生涯を通して、テスラは鉄道のボックスカー(一車両)を満たす以上の書類を産出し、その殆どは彼の死において FBI によって没収され、ユーゴスラヴィアにおける彼のセルビア人の親戚達に対して解放されたのは、たった150,000種の書類でした。¹⁰⁶

(1) Strange Nazi Parallels
(1)奇妙なナチスの平行線

c. The Nazi Role in Occulted Aether Physics
c. オカルトされたエーテル物理学におけるナチスの役割

(1)Roswell, MJ-12, and Disinfomation
(1)ロズウェル、MJ-12、そして偽情報

リンは、その問いに対する答えがとても特定的で、そしてその答えの一部は、1947年における米国の国家安全保障の機関の設立において唯一有るだけでは無く、そのコミュニティーの中でペーパークリップ(作戦)のナチスが行使しつづけた不適当な影響力にあると信じます。例えば、リンは、ロズウェル事件の全体が「SS のヤラセ」で、実際に SS の将校達だった、ニュー・メキシコにおけるペーパークリップのナチスによって行われたと、とてもはっきりと明言します。¹⁰⁸ 最も繊細なナチスの科学的な書類のアメリカ人による没収の結果として、UFO 研究の殆どが、CIA 、またはその他の諜報工作機関によって操作されただけでなく、MAJIC-12 の書類もまた、諜報工作のコミュニティーのはらわたから産み出され、部分的な真実と、部分的な嘘を含んでいる、大掛かりな偽情報のキャンペーンだと、リンは躊躇せずに信じます。¹⁰⁹ 類似して、そして私達の目的にとって、更に重要な事に、その様な珍しい物理学、兵器と推進力のシステムと、それ自体が拘わったその様なナチスの書類がアメリカ人によって没収されたので(または、同等に可能なのは、ドイツ人の操作、または少なくとも影響力の下に残った事ですが)、するとナチスの空飛ぶ円盤を詳細しているとされる SS のその「計画書」と「書類」と呼ばれるものもまた偽物で、大掛かりな偽情報のキャンペーンの一部であると言う、明らかな事実をリンは指摘します。¹¹⁰

ですが奇妙にも、そして最も冷ややかに、国家安全保障法によって設立された2つの最大級で、そして最も悪名高い機関、The Central Intelligence Agency (中央情報局/CIA)と The National Security Agency (国家安全保障局/NSA)は、悪名高い R.S.H.A、Reichsicherheithauptamt の英語の直訳、または逐語訳でしか無く、それは文字通り「国家安全保障局」として翻訳され、そして大まかにまた、中央的、または主要な清算のオフィス、または「中央情報」もしくは「安全保障」の機関を意味すると、リンは指摘します。¹¹¹

(2) Von Braun’s Alleged Pre-War “P2” Project in New Mexico
(2)ヴォン・ブラウンの主張されたニュー・メキシコにおける戦前の「P2」計画

テスラの科学の実行可能性を彼等自身で確かめた後、ヴォン・ブラウンと仲間達はドイツに戻り、その研究はロケットや「空気力学の円盤」の様な「カモフラージュ」のブラック(秘密裡)な計画の背後で極秘に続けられたとリンは強調します。その隠蔽(秘密開発)は、ラインハルト・ゲーレン将軍Fremde Heere Ost (東の国外の軍)である、ドイツの東方の前線の軍事諜報工作機関の全体を移植した、国家安全保障法と、ナチスに影響された CIA のイージス(神盾)の下で戦後も継続しました。政府、軍部、企業、そしてナチスの組織の融合体(i.e. 軍産複合体)は、エーテル物理学を相対性理論の背後に隠すために共謀しました。このテスラ的な「エーテル物理学」は、リンによると、国家安全保障法に従って政府が隠す、「機密化された科学」です。¹¹³

最初に、確かにその風変りでファンタスティックな要素を有している間、その多くの要素は、より最近の調査のその他の研究者達とレゾネート(共振)するのは明らかです。実際に、テスラ、珍しいナチスの科学技術、戦後のアメリカの軍需産業複合体におけるナチスの影響力、そして UFO 研究のコミュニティーにおけるヤラセと偽情報を最初に関連させたのはリンでした。

第二に、リンは明らかに、秘密裡に開発された、隠蔽、またはオカルトされた物理学が存在し、もし人が公表されている物理学の論文を慎重に吟味し、そしてエーテルの体系の一線に沿って、それらを特定の方法において見解すれば、再構築が可能であると信じます。これは、第五章においても見られる様に、同様でその様な隠蔽がされていますが – 再構築可能な – 物理学におけるトム・ビアデンの信念にとても似ています。

5. Both Feet in Atlantis: The “Jan Van Helsing” Version
5.アトランティスの中の足:「ジャン・ヴァン・ヘルシング」のヴァージョン

ヴァン・ヘルシングは、ナチスの秘密裡の兵器の研究の始まりを、それらの秘密結社、つまり、この謎めいたエネルギー(エーテル)の秘密を保存した、今はもう失われた地下文明の、サー・エドワード Bullwer-Lytton の小説の「ヴリル」、またはエーテルのエネルギーに因んで名づけられた「Vril Gesellschaftヴリル会)」と呼ばれ、そして更に有名、または悪名高い、ナチス党を存在へと産み出す実際の手助けをした秘密結社 Thule Gesellschaft (トゥーレ会の、正に秘密裡の戦前の計画に位置付ける事も含めて、ナチスの UFO の伝説の多くのテーマを繰り返します。それらのアイデアは、ナチスの UFO の伝説において新しいものでは全くありません。ヴァン・ヘルシングと共に何が新しいかと言うと、そのミックスに彼が加える、奇妙な詳細です。

例えば、ヴァン・ヘルシングは、そのヴリル会は、「主に UFO の構築に没頭していました。彼等は、ヴィクター・ショウバーガーと W.O. シューマン博士の隣でまた、シュリーヴァー、ハンバーモール、ミーテ、エップ、そしてベルゾを、彼等のために働かせていました、」と明言します。¹¹⁵ 言い換えるとヴァン・ヘルシングは、1950年代においてルドルフ・ルーサーに最初に公表された逸話以来、それらの珍しい科学技術の開発と関連した「空飛ぶ円盤の専門家達」とされる全てが、その主要な目的が、その様な乗り物を造る事だった秘密結社の、元々の会員達だったとする、驚きの主張をします。ナチスが行った全ては、明らかに、彼等自身のオカルトに鼓舞された管轄区:SS (親衛隊)の下でその計画を続行する事でした。

ですがこれを超えて、ヴァン・ヘルシングはまた、この注目すべき明言と共に、2つのその他の主張を行い、一つはとても露骨なもので、そしてもう一つは暗示されただけのものです。最初の場合において、彼は大胆にも、地球の「シューマン・レゾナンス」と呼ばれるものを発見した、世界的にも有名な科学者で、物理学者の W.O. シューマンが彼自身、この秘密結社への会員で、それらの計画の上で協力していたと主張しました。二番目の場合においてヴァン・ヘルシングは、証拠に実証されていない彼の主張によって、ドイツ国内の幾つかのグループは、ナチスが権力へと台頭する遥か以前に、「教科書に載っていない」物理学と科学技術の秘密裡の開発に拘わっていたと、明らかに示唆しました。これにおいて、彼の主張は、米国における1890年代の「空中船」の羽ばたきが、その最初の「空中船」を秘密裡の設計し、完成させ、実験し、そして飛ばさせた、秘密裡のグループによってもたらされたと信じる人達に類似していました。

「ウィーンにおいて、オカルト主義者、ルドルフ・ヴォン・シーボッテンドルフ男爵、the Gurdjeff (sic)の弟子、カール・ハウスホッファー、エース・パイロット、ローター・ワイズ、(テンプル騎士団の後継者達である)秘密裡の「マルシオーニ・テンプル会」の高位聖職者、ゲルノット、そしてザグレブからの憑依的な媒体者(霊媒者)、マリア・オルシクが会った時でした。彼等は全て、「ゴールデン・ドーン(黄金の夜明け)」、その教義、儀式、そして特にアジアの秘密結社のロッジについての知識を詳しく研究しました。シーボッテンドルフとハウスホッファーは、インドとチベットへの経験豊かな旅人達で、それらの場所の教えと神話によって多大に影響されました。第一次世界大戦の間に、カール・ハウスホッファーは、アジアの最も影響力のある秘密結社の一つ、チベットの黄色い帽子(dGe-lugs-pa)と接触しました。この結社は、仏教の宗教改革者、Tsong-kha-pa によって、1409年に形成されました。ハウスホッファーは入門し、そして彼の任務が失敗に終われば自殺すると誓いました。ハウスホッファーと黄色い帽子の間のその接触は、1920年代においてドイツに、チベット人達の入植地が形成される事に繋がりました。

「それらの4人の若い人達は、ウィーンにおけるそれらの会合の間に、テンプル騎士団の秘密裡の革命的な文献について、そしてまた、Die Herren von Schwarzen Stein (「黒い石の主達」)の秘密結社についての何かを学ぶ事を望みました。」¹¹⁶

再び、その表面上において、ヴァン・ヘルシングの主張について、新しいものは何も無く;類似したテーマとの関連において、人は – ヴォン・シーボッテンドルフと、ヒトラーの「地政学的な」グールー(師匠)、ハウスホッファー将軍の – 親しみのある名前に出会い:東洋とその「秘密の英知」のための没頭でした。

ですが、再び、ヴァン・ヘルシングは新たな情報を分かち – 再び全く実証的な証拠無しでですが – それは彼に独特なもので、つまり、そのウィーンの会合は二重の目的のためのもので:(1)何らかの、明らかに(とても)秘密裡なテンプラー(テンプル騎士団)の文献についての知識を会得する事、そして(2)更にもっと秘密裡の同胞団、黒い石の主達についての知識を会得する事でした。そして勿論、忘れられてしまわない様に、黒い石はドイツ語において shwarzen Stein で、「SS」として略されます。故に、ヴァン・ヘルシングがこの新たな展開を、同様に「SS」と略される、もう一つの太古のオカルトの教義、イルミネーション(啓蒙/悟り)の「黒い太陽」(schwarze Sonne)と対にするまでに、そう長くはかかりません。¹¹⁷

その後、1917年9月において、ヴォン・シーボッテンドルフ男爵は、「アンタースブルグにおいて、それに因んでその秘密結社が名付けられた「黒く-紫の石」の力を受け取るために」この謎めいた「黒い石の主達」の同胞団の指導者達と同胞達に会ったと主張されました。¹¹⁸ 再び、この主張のための実証、または証拠はありません。しかしながら、フランクリン D. ルーズベルトに対する助言者で、有名な旅人-冒険家-オカルト主義者、ニコラス・ローリックの形状において、恐らく、とても間接的な協力証言が存在します。ローリックは、勿論、「マジック・ストーン」との類似した没頭を有していて、つまり、有名なモンゴルの chintimanti の石です。

どんな場合であれ、1917年9月に起こった事が何であれ、成功的だった様に現れるのは、1918年に、バド・アイブリングにおいて、ヴォン・シーボッテンドルフの周りで一つのグループが形成され、それは悪名高いトゥーレ会に成りました。「科学的なマジック、占星学、オカルト主義とテンプラーの知識と同時に、タントラ、ヨガ、そして東洋の黙想の様な『ゴールデン・ドーン』の実施が全て融合された」のは、此処においてでした。¹¹⁹ そしてこの効能有るミックスの中にあったのがまた、メシア(救世主)主義の色合いだったのは、Thule Gesellschaft (トゥーレ会)がまた、「イシス(アイシス)の啓示に続き、ドイツに栄光と新たなアーリアの文化をもたらす、来るであろう救世主(ドイツ語:Heiland = 神聖なもの)、「第三のサルゴン(王)」を信じたためでした。」¹²⁰ 言い方を変えると、そのプログラム(計画/洗脳)は完全なもので:その秘密結社の目的は、覇権の失われた、そして珍しい科学技術の(再)発見と(再)構築であり続けただけでなく、それはまた、その思想と目的を権力へ置く事も求めました。権力を取ると、それは、それが(再)発見する事を求めている正に科学技術的な方法によって、権威においてそれ自体を保とうとしました。故に、示唆によってヴァン・ヘルシングは、その始まりからのナチス党の隠された、または「オカルトされた」目的の一つは、その本質において常に科学技術的で、オカルトであると言っていて;それは覇権の失われた、そして埋められた科学技術の(再)発見に献身していて、端的に、珍しく、膨大に破壊的な兵器の創造のためです。それは、言うなれば「アトランティス的」と呼ばれる事の出来る、オカルトの兵器の目的を共にした、世界における一つの政党でした。それは、アトランティスにおいて両方の足をしっかり踏ん張った、世界における一つの政党(ナチス)でした。

この点を強調するために、ヴァン・ヘルシングは、Thule Gesellschaft の会員達として、以下の人達をリストする、ディートリック・ブエルロンダーの有名な研究、Befor Hitler Kamm (ヒトラーが現れる前に)から引用します:

1. ルドルフ・ヴォン・シーボッテンドルフ男爵、グランド・マスター
2. グイド・ヴォン・リスト、マスター
3. ヨルグ・ランツ・ヴォン・リーベンフェルツ、マスター
4. アドルフ・ヒトラー、後の帝国首相、そして「SS の上司」
5. ルドルフ・ヘス、後の副総統と SS の親衛隊大将
6. ハーマン・ゲーリング、国家元帥と SS の親衛隊大将
7. ハインリッヒ・ヒムラー、親衛隊全国指導者と帝国大臣
8. アルフレッド・ローゼンバーグ、帝国大臣と国家社会主義ドイツ労働者党の全国指導者
9. ハンツ Franck, 国家社会主義ドイツ労働者党の全国指導者と占領下のポーランドの後の総督
10. ジュリウス Streicher, ナチスの SA の全国指導者
11. 少将カール・ハウスホッファー教授、オカルト主義者で治政学者、ヒトラーのリーベンスラウムの教義の考案者として考えられています
12. ゴットフリード・フェダー教授
13. ディートリック・エッカート、詩人、オカルト主義者 the Völkischer Beobachter 新聞の編集長
14. バーンハルト Stempfle、 ヒトラーの助言者
15. セオ・モレル博士、ヒトラーの専属医師
16. フランツ・ガートナー、ミュンヘン警察署長
17. ルドルフ・スシュタイナー、人智学会の創始者
18. W.O. シューマン教授、ミュンヘン科学技術大学
19. Trebisch-リンカーン、オカルト主義者でチベットの旅人
20. ウェストラップ伯爵夫人¹²¹

最初に、それが1938-1939年におけるナチスの南極調査の背後で働いているオカルトの影響力の可能性を見解する一般的なコンテキストを供給するのは、その調査が帝国元帥、ゲーリングの支援の下で行われたためです。第二に、それは、その調査が発見した秘密が何であったにせよ、ヘスはそれを知っていて、そしてそれらがヘス – または彼の影武者を – 戦後もずっと幽閉に保った連合国の権力側のための究極の動機だったと言う、幾らかの人達の主張を見解する、類似したコンテキストを供給します。最後に、それは、第三帝国と、その秘密裡の兵器のブラック(秘密)な計画自体、オカルトの教義と実験の重度な混合を含んでいた計画を見解する興味深いコンテキストを供給します。そのリストの一見から、その SS 自体が Thule Gesellschaft (トゥーレ会)から第三帝国への、目に見える延長である事は明らかです。または、言い方を変えると、国家社会主義党(ナチス)を通して、オカルトの秘密結社が、世界の強力な権力の一つ(ドイツ)において権力の中枢を手に入れ、そして故にその国家のエネルギー全体を、その目的の表向き、そして裏側(秘密裡)の探求へと注ぐ事が出来ました。

この神話によると、その大陸は、最後の氷河期の間に(海に)沈み、其処において、テュートン(ドイツ)的な準備周到と共に、太古のアーリア人達は、巨大な機械によって掘られた、膨大な地下都市において、「ヒマラヤの地域の地下に移住した」とされます。¹²⁴ これは、順を追って「それらの入り口を見つけるために、SS によって、ヒマラヤへと送り込まれた、2度の大規模な調査団」のための理論を形成します。「更なる調査団は、アンデス山脈、北方のマット・グラッソ山脈、そしてブラジル南部のサンタ・カタリナ山脈、チェコスロヴァキアとイングランドの一部を調査しました。」¹²⁵

「トゥーレは – チベットとインドのその他の研究者達の全てとは対照的に – 実際にアトランティスで、その生き残ったトゥーレ-アトランティス人達は、良い者と悪い者の2つのグループへと分離させられたと、彼は述べました。彼等の神託、アグハルティに因んで、彼等自身を呼んだ者達は – 善良な者達でヒマラヤの地域に移住し、邪悪な者達はシャンバラで – 人類を奴隷化したい者達で、そして彼等は西洋に行きました。アグハルタとシャンバラの人達の間の戦いは、数千年に及び続き、そしてその第三帝国においてアグハルタの代表としてトゥール会が、シャンバラの代表であるフリーメイソンシオニスト達に対してそれ(戦い)を続けましたと彼は主張しました。これが恐らく、彼の任務だったのでしょう。」¹²⁶

ハウスホッファーはその後、1919年において、二番目の結社、「Brüder des Lichts (sic)(光の同胞団)を設立したとされ、その結社は後に、Vril Gesellschaft (ヴリル会に成りました。¹²⁷ ヴァン・ヘルシングによると、この秘密結社は、昔のテュートニックの結社から派生したとされる Die Herren vom Schwarzen Stein (黒い石の主達)、そしてトゥーレ会の Schwarze Ritter (黒騎士団)と、Schwarze Sonne、または黒い太陽の SS のエリートを統一しました。¹²⁸

この設立の機会は明らかに、後にヒトラーの住処になった、Berchtesgaden 付近の借りられた山小屋における、それらの様々な秘密結社の会員達が話し合った会合でした。その会合はまた、「秘密裡のテンプラーの暗号 – 彼女にとって知らない言語において – 空飛ぶ機械の構築のための技術的なデータを共にして、憑依(霊媒)的に伝達を受け取った、2人の憑依媒体者達によっても、出席されました。ヴリルの書類によると、それらのテレパシー的なメッセージは、68光年離れた牡牛座の中のアルデバラン太陽系から来ました。」¹²⁹

このメッセージの一部として、その媒体者達は、「非-白人の民族が『スピリット的な発達の、より低い(段階)』で、そして『民族が更に混血すると、それらの人々のスピリット的な発達は、より低下する』と教えられました。¹³⁰ 彼女達はまた、「アルデバラン」の「神聖」な人達が、火星と木星の間にある現在の小惑星ベルトの地域に当時、存在していた「惑星マローナ(同様に、マラデク、マルデュック、または – ロシア語では – ファエトンとも呼ばれます)」に入植したと「伝えられました。」¹³¹ 勿論、その小惑星ベルトが元々、爆発した惑星だったアイデアは古い論説で、第二の小惑星が発見された後に、ボードの法則が何故、小惑星ベルトの軌道上に惑星があるべきだと予測した際に、天文学者達が説明しようと求めた時に、19世紀の初頭において、科学者達に最初に考えられました。¹³²

「アルデバランについてのそれらの明言が、事実に基づいているのかどうかを、私達は知る事が出来ませんが、ヴリルのテレパシー能力者達が受け取った構築計画と技術的な詳細は – それらが何処から由来したのかはどうであれ – とても精密で、それらは人々が今まで得た最もファンタスティックなアイデアに繋がり:「もう一つの側のための空飛ぶ機械」であるJenseitsflugmaschine の構築でした。」¹³⁴

最初に、ヴァン・ヘルシングは、それ無しでは、ヴリル会が媒体者達から UFO の計画を受け取る唯の古い逸話に更なる多大な詳細を供給し、つまり、一緒に成った秘密結社、そして関わった媒体者達の名前¹³⁵、時¹³⁶と場所、Berchtesgaden 付近の山小屋を彼は供給します!ですが第二に、上述の明言が直ぐに鮮明にする様に、彼の関心はそれらの主張では無く、むしろその後にヒトラーの治政学者に成った正に人によってその目的のために設立された秘密結社による、全く異なった科学技術と科学の開発に、それらが繋がったと言う事です!

「『オルタナティヴな科学』のこの早期の段階の間に、トゥーレとヴリルの両方の会員であり、ミュンヘンの科学技術大学の W.O. シューマン博士は、その一部が此処に再明記された演説を行いました:

ヴァン・ヘルシングはその後、それらの明言は – 彼が「実証する」数少ない内の一つですが – 「ドイツの SS の秘密裡の書類保管」から引用されたと記述します。¹³⁸

ヴァン・ヘルシングによると、最初の「円盤」は、1922年においてヴリル会によって秘密裡に製造されました。¹³⁹ 彼はこれに対して、更にもっと特定的な情報と共に続きます。例えば、この機械は2年間試験され、それはその後「解体され、恐らく、メッサーシュミット社のオウグスバーグの研究所において保管された」と彼は主張します。¹⁴⁰ 更に加えて、「この研究の資金援助の支払い」を表した「(Jenseitsflugmaschine のための)コードネーム『JFM』の下」で、ドイツの航空会社の金融的な記録における記入がありました。¹⁴¹

ですが、彼のファンタジアが制限知らずに成るのは、ヴァン・ヘルシングが第二次世界大戦とナチスの下のそれらの計画の継続に辿り着いた時です。例えば、「1943年の初めにおけるツェッペリンの研究において、葉巻型の母船を製造する事が計画され」、「アンドロメダ機器」と呼ばれた機械で、約150ヤードの全長を共にし、その機体の中には長期間の飛行のため – または、恐らくもっと上手く言えば、アダムスキー的な想像の飛行の – 幾つもの円盤型の乗り物」を保管する事が可能だと、彼は主張しました。¹⁴²

「1943年のクリスマスに、コルバーグの港町において Vril Gesellschaft の重要な会合が開かれました。その2人の媒体者達、マリア・オルシクとシグランが出席しました。その目的の主題は、アルデバラン計画でした。その媒体者達は、太陽アルデバランの周りの定住可能な惑星の正確な情報を受取り、そして直ぐに其処への旅の計画が始められました。1944年1月22日におけるヒトラー、ヒムラー、(ヴリル会の)クンネル、そしてシューマン博士の間で、この計画が話し合われました。光速に対して独立的な次元チャンネルを通して、アルデバランへと、大型収納能力の乗り物、ヴリル7号を送り込む事が計画されました。ラットホッファーによると、その次元チャンネルにおける最初の試験飛行は、1944年の冬において行われました。それは、ギリギリ、大災害を免れました・・・」¹⁴³

この珍しい研究の全ては、ヴァン・ヘルシングによると、ナチスの下で、「オルタナティヴなエネルギーを研究している SS 内部のグループ、SS-E-IV」、または SS Entwicklungstelle IV (SS 開発グループ IV)によって行われました。此処において、ヴァン・ヘルシングが、より確かな土台の上にいるのは、実際に SS の内部にその様なグループが存在していたためで、その最上級機密の指令は、正しく「オルタナティヴなエネルギー」を研究する事でした。ですがヴァン・ヘルシングが、彼のお得意のオカルトの捻りを加えるのは、彼がこのグループを「黒い太陽の開発グループ IV」、または Schwarze Sonne と呼び、その略が 「SS」であるためです。黒い太陽(Schwarze Sonne)、または黒い石(Schwarze Stein)の教義は、ヒムラーの最も上級の SS の幹部達にのみ知られた SS の秘密裡の教義でした。¹⁴⁵ このグループの目的は、「ドイツを外国の石油から独立させる事」でした。¹⁴⁶

この全てから台頭するのは、ナチス・ドイツにおいて2つの宇宙計画が既に存在していた事で、実際に「秘密」だったヴォン・ブラウンと Peenemünde の科学者たちのロケット計画だった、「表向きの」宇宙計画と、秘密結社によって開始され、SS によって続行された、完全に異なった物理学と科学技術を伴った計画である、更にもっと秘密裡の、そしてもっと以前からの計画でした。

ヴァン・ヘルシングのファンタジアが奇抜だと、必然的に人に衝撃を与えるかも知れない間、その特定の要素は、ナチスの秘密裡の兵器開発と共に人が予測する様に成る大まかな概要に当てはまり:オカルトの鼓舞の根底の流れ、完全な秘密主義における開発、新たな物理学と新たな科学技術のための探求、科学と科学技術の再構築における太古の神話の知識とその上の明らかな信頼、そしてそれらとのその他のオカルトな教義 – 「根源的な民族」、地球外的な人間の起源、等々で – そして大量虐殺的で政治的な目的の融合でした。

もし、ヴァン・ヘルシングが示唆する様に、この二重の軌道の計画が実際に戦前の秘密結社によって始められたのなら、すると、彼の主張を確かめる一つの方法は、戦時中に SS が探求していた、珍しく、そして秘儀的な研究の一線を、戦後も継続した同じ、または類似したグループが存在したと言う何らかの示唆を検証する事かも知れません。

どんな場合であれ、ヴァン・ヘルシングは、2つの宇宙計画の論説の最後の言葉ではありませんでした。実際に、もしデーヴィッド S. パーシーとマリー・ベネットが正しいなら、2つの宇宙計画は、戦時中にナチスによって始められただけでなく、戦後もソヴィエト連邦と米国の両方によって継続され、それらは加えて – 月と言う – 究極の褒美が、其処へ最初に行った者に、威光と軍事的な地位において豊富な利益を約束した冷戦の絶頂期において特に、ライバルと主張される(米ソの)宇宙計画が実際に表すよりも、それら(米ソ)の間の遥かに多くの調整を表しました。

6. The Dark Moon Version
6.暗い月のヴァージョン

・もう一つの方法で言うと、ケネディー大統領による、1960年代における判断の結果として、一般大衆によって見解されている NASA のアポロの段階は、実際には、より大きな計画の(重要ですが)小さな一部でしかありません。

此処における関心が何かと言うと、その2つの宇宙計画の論説と、1947年の有名な出来事 – ワシントン州におけるケネス・アーノルドの最初の UFO の目撃と、その後の更にもっと有名な、それに伴う必然的な結果を共にした「ロズウェル事件」との明らかな関連性ですが – 更に重要な事に、第二次世界大戦の出来事に対する関連です。これに関して、ベネットとパーシーは特徴的です。

更に加えて、彼等は繰り返し、ナチスとの関連性をヒントし、または少なくとも、彼等の接近の仕方が示唆するのは、「ヒトラーの戦争マシーンの残り(科学技術/科学者達)が無ければ、私達の宇宙への第一歩は恐らく、10年以上後に起こったであろうためです。」¹⁴⁹ ベネットとパーシーによると、NASA の公の政策の大部分に成った偽り – その論説のその他のヴァージョンとの関連において、この章の中で既に記述された偽りは – その機関が設立される随分以前から既に確立されていました。それらの偽りに繋がった政策の決定は、彼等が指摘する様に、「ドイツの戦前と戦後の期間にあります。」¹⁵⁰ その偽りは、実際に、ペーパークリップ作戦の、意図的に泥沼にされた構図に起因します。ベネットとパーシーが皮肉を言う様に:

「(ペーパークリップの科学者達)Stuhlinger とオードウェイは、1945年11月と1946年2月の間に3度の輸送船があり、アメリカにおいて合計118名の男達が到着したと私達に伝えます。ですから1946年までにアメリカの陸軍は既に85名の科学者達を見失いました。彼等は AWOL (無届外出)と宣言され、フォート・ブリスでは無い何処かに保護されたのでしょうか?彼等の幾らかは恐らく、アルモゴルドにいたのでしょうか?ペーパークリップ作戦の下でアメリカへと許されたドイツのロケット科学者達の合計127名から、私達は合計6+118=124を有します。」¹⁵¹

その2つの宇宙計画は、少なくとも連合国側において、その戦争自体の期間に実際に始まったのかも知れません。この主張の証拠として、パーシーとベネットは、1943年における Peenemünde の施設に対する R.A.F (英国王立空軍)の大規模な600機の爆撃機の空襲を提供します。

「『グリフィン』とコードネームされた、ポール・ロスバウドによって供給されたドイツからの情報の御蔭で、英国は、1)技術開発者達の居住区、2)ミサイルの事前-産出(部品)施設、そして3)R & D 実験所/オフィスを破壊する様に計画された、ハイドラ作戦を決行しました。8月18日の深夜9分過ぎ、そして47分間を超えて、600機、そうです、六百機の、王立空軍の爆撃機が標的を印し、そしてその後1,593トンの高性能爆薬、そして281トンの焼夷弾を、Peenemünde の上に落としました。しかしながら、始めから、空爆の開始地点が全体的に間違って指定され – 更に2マイル北に位置する指定されたルーデン島では無くむしろ、Peenemünde の半島の北部が、標的の表示器によって照らされました。この元々の「大失敗」の結果として、その空爆は、その目的の2/3において失敗でした・・・最も高度なレベルからの指示は、人員を標的にする事で、そしてV-2 ロケットの産出施設では全く無かった様に見えます。」¹⁵²

実際に、人員を標的にする事においてでさえ、その空爆が大した成功では無かったのは、「死亡した800名の地上の人員の内、約半分は労働収容所の収容者達(殆どソヴィエト達)と、もう半分は、技術者達と彼等の家族達だったためです。¹⁵³ 重要な科学者達 – カート Debus、ヴァーナー・ヴォン・ブラウン、ハーマン Oberth 等々は – 生き残りました。

ですからこれは、その空爆の作戦的な計画において、最後の最後に変更させられた可能性を浮上させ、最も高いレベルにおいて行われた変更です。ナチス・ドイツの上空のその空爆において、不正確さや無能さの評判の無い RAF は、空爆自体のための開始地点のための座標について、誤った情報を受け取りました。その様な変更は「前衛のパスファインダー(通り道の発見機)が、目印の発光信号を『短すぎる』そして/または『長すぎる』様に配置させる事を確かにし、故に知っている者達 – 「無限のご主人様達」が喉から手が出る程、必要としていた科学者達とロケット科学技術の安全を確保しました。¹⁵⁴ 簡単に云うと、標的に対してその通常のノックアウト・パンチを与える事に対する RAF のこの単一的で特徴的な失敗の土台の上で、Peenemünde の重要な地帯が、その戦争の後にその科学技術と科学者達を手に入れるために、意図的に救われたと、ベネットとパーシーは信じます。

ですがその戦争の後に、物事は更に奇妙に成りました。様々な文献の慎重な調査の後、ベネットとパーシーは、ソヴィエトとアメリカ人達が – SS のカムラー将軍によって建設された、奴隷労働収容所を利用した、V-2 製造のための地下施設である – 悪名高い Mittelwerk (ミドルワーク)に、同時に到着し、そして更に加えて、戦利品を分け合うのに協力したと結論しました!¹⁵⁵ その様なやけに目立つ矛盾は

「32ページまでに成ると、彼女はそれが本の題名などでは全く無く「Die deutschen Firma, deren Einrichtung demontiert und zur Ausführ nach der Sowjetunion bestimmt sind」だったと気付きました。それはこう翻訳されます:「その道具/機器が解体され、そしてソヴィエト連邦へと輸送されるドイツの企業。」・・・このソヴィエトのショッピング・リストが、ドイツ語で書かれていたのは重要でした。

故に、その論説のベネットとパーシーのヴァージョンにおいて、2つの宇宙計画化は正に、「表向き(一般大衆)の消費」のための米国と NASA の計画で、そしてその隠れたご主人様達の秘密裡の目的を行った、ソヴィエト連邦の秘密裡の計画でした。実際に、彼等が指摘する様に、それらの2つの計画の操作は、「文明の最も高度に訓練された専門家達の幾らかの献身を操作し」そして「それらの実現化のために多大な資金が援助された」、「極少数の人達」に委ねられました。

Agency Date Mission
国 日付け 計画

USSR(ソヴィエト連邦) Jan 2, 1959 Luna 1
USSR Sept 12, 1959 Luna 2
USSR Oct 4, 1959 Luna 3
USA(米国) Aug 23, 1961 Ranger 1
USA Nov 18, 1961 Ranger 2
USA Jan 26, 1962 Ranger 3
USA Apr 23, 1962 Ranger 4
USA Oct 1962 Ranger 5
USSR Apr 2, 1963 Luna 4
USA Jan 30, 1964 Ranger 6
USA Jul 31, 1964 Ranger 7
USA Feb 20, 1965 Ranger 8
USA Mar 24, 1965 Ranger 9
USSR May 9, 1965 Luna 5
USSR June 8, 1965 Luna 6
USSR July 18, 1965 Zond 3
USSR Oct 24, 1965 Luna 7
USSR Dec 3, 1965 Luna 8
USSR Jan 31, 1966 Luna 9
USSR Mar 31, 1966 Luna 10
USA June 2, 1966 Surveyor 1
USSR Aug 24, 1966 Luna 11
USA Sept 20, 1966 Surveyor 2
USSR Oct 22, 1966 Luna 12
USSR Dec 21, 1966 Luna 13
USA Apr 20, 1967 Surveyor 3
USA July 14, 1967 Surveyor 4
USA Sept 11, 1967 Surveyor 5
USA Nov 10, 1967 Surveyor 6
USA Jan 10, 1968 Surveyor 7
USSR Apr 7, 1968 Luna 14
USSR Sept 14, 1968 Zond 5
USSR Nov 10, 1968 Zond 6
USA Dec 21, 1968 Apollo 8
USA May 18, 1969 Apollo 10
USSR July 13, 1969 Luna 15
USA July 16, 1969 Apollo 11
USSR Aug 7, 1969 Zond 7
USA Nov 14, 1969 Apollo 12
USA Apr 11, 1970 Apollo 13
USSR Sept 12, 1970 Luna 16
USSR Oct 20, 1970 Zond 8
USSR Nov 10, 1970 Luna 17/Lunikhod
USA Jan 31, 1971 Apollo 14
USA July 26, 1971 Apollo 15
USSR Sept 2, 1971 Luna 18
USSR Sept 28, 1971 Luna 19
USSR Feb 14, 1972 Luna 20
USA Apr 16, 1972 Apollo 16
USA Dec 7, 1972 Apollo 17
USSR Jan 8, 1973 Luna 21/Lunikhod 2
USSR May 29, 1974 Luna 22
USSR Oct 1974 Luna 23
USSR Aug 9, 1976 Luna 24 ¹⁶³

加えて、「ET のこの認識は、月の上に着陸する彼等の計画の背後の推進力でした。しかしながら、月は彼等の誓われた目的地への、段階的な場所でしか無く – (次の目的は)火星のシドニアの平野の上の地点への有人飛行でした。」¹⁶⁵ それらの物事を何故、彼等が信じるのかを説明するために、ベネットとパーシーがあまり多くを提供し無い間、着目されるべきは、彼等の明言の鮮明な示唆で、つまり、この「ET の認識」が、第二次世界大戦の終わり以来、両方の宇宙計画を推進している、本当の隠された目的で、そして再び第二次世界大戦の終わり以来、両方の本当の隠された目的は、火星への有人飛行だと言う事です。

「『アポロ11号』の間の主張された外向きの月への旅に関係している重要な現象があり、それは私達の知識において、全く解説されても、説明されてもおらず、またはその後のアポロの『旅』のいずれに対する関連においても、実際に触れられていないもので – NASA と宇宙科学コミュニティーのために、膨大な規模に成るかも知れない現象です。それは大き過ぎて(私達が知る限り)あらゆる論議、または知識を絨毯(じゅうたん)の下に隠す試みにおいてそれは「鍵がかけられました。

「それは equigravisphere (同等引力圏)としてもまた知られる、(引力の)中立地点です。この地点は正にそれがそうであると言う(言葉通りの)ものです:

・一度(宇宙)空間におけるこの地点を通ると、その乗り物は、それが離れて行っている天体(e.g. 地球)の引力によって、もう影響され無く成り、それが向かって動いている天体(e.g. 月)の影響下にその後、益々成ります。¹⁶⁷

ですがその後、タイム誌の1969年版に、ヴァーナー・ヴォン・ブラウンとのインタヴューが現れ、そして地球-月の二重の惑星的なシステムに関する、一貫的で数学的な謎の始まりに成りました。タイム誌は、「月的な引力は月から43,495マイルまで影響し、地球から200,000マイル程の距離を離れた処までの、地球の引力と同等の力です、」と報告しました。そしてそれは、「月への総合的な距離、243,495マイル」を与えた」とパーシーとベネットは記述します。¹⁶⁹ そしてそれは、何か更なる事を意味し、ベネットとパーシーはそれを述べませんが、つまり、もしこの中立地点の数字が正しいなら、すると、天体的な機械性のあらゆる基準的な見解が許すよりも、月は更にもっと巨大だと言う事です。これが派生させる問題は – ベネットとパーシーは全く十分に扱いませんが – 直ぐに目撃されるでしょう。

何であれ、そのタイム誌の記事のたった二週間後に、ヴァーナー・ヴォン・ブラウンが、とても突然に、NASA の彼の全ての役職から辞任し、フェアチャイルド工業社の技術開発の副所長としての役職を取った事をベネットとパーシーは記述し、中立地点の矛盾に関して多くのその他の研究者達が尋ねた問いを、彼等が尋ねる事へと導きました:「そのタイム誌の記事は・・・ヴァーナー・ヴォン・ブラウンが少々慌てて、新たな職へと移動した事に、何等かの関係があるのでしょうか?」¹⁷⁰ それが間違いなくそうだったと言うのが私の意見で、そしてその可能な理由は – 再び、もう一度 – 直ぐに目撃されるでしょう。

そのタイム誌の記事が、その宇宙科学のコミュニティーのために、その他に行った事が何であれ、最小限でもそれは、ベネットとパーシーによると、次に起こった事を意図的では無いと見解する事は、NASA が凄まじく数学的に無能であると非難するのと同じなので、意図的であるとしか見解される事の出来ない、「算数的な不透明化」の行程を始めました。例えば、ベイカーの宇宙科学技術の1989年版において、アポロ11号の月までの距離は、253,475マイルとして与えられました。ですが1989年の本、アポロ11号の月面着陸の中で、丁度、250,400マイル弱の距離が与えられました。その後、1996年において、ベイカーの宇宙飛行とロケット技術はその中立地点を、月から38,925マイル、そして地球から214,550マイルとして与え、月への総合的な距離を253,475マイルと与えました。その後、問題を本当に複雑にしたのは、その中立地点が実際に、正にヴォン・ブラウンがタイム誌の述べたもの、つまり、(引力の中立地点が月から)43,495マイルであると、ジョージ・ピンターが著者達、ベネットとパーシーに強調したためでした。¹⁷¹ ですが、タイム誌の以前は、そして「大多数の文献」によると、その中立地点を計算するために、昔のニュートン的な数字が、未だに使用されていました。¹⁷²

その問いが最重要なのは、中立地点のためのいずれの数字も、月のためのとても異なった引力/重力を与えるためで、そして成り行きとして、其処へ向かうあらゆる乗り物のためのとても異なった軌道で、そして更に重要な事に、LEM (月面探索モジュル)の様な、月の表面から離陸する、あらゆるロケット動力の乗り物のために、とても異なった燃料と推進力の必要条件であるためです。明らかに、これはまた問いの重要な一連を派生させます。「月の軌道の通り道の正確な距離について同意する情報源が無いのは、興味深くは無いでしょうか?」とベネットとパーシーは尋ねます。¹⁷³ 更に加えて、月へのあらゆる乗り物の軌道計算をするために、NASA とソヴィエト達の両方は、「インチ単位まで」この平均距離を知っていなければならなかったはずです。ですから何故、何らかの固定された数字を確認する事が、NASA にとってそれ程難しいのでしょう?「何故、地球/月の中心から中心までの距離が、公表されたアポロの情報から欠けているのでしょう?人がその乗り物の軌道計算(弾道)を見つける事が出来る処で、地球/月の距離は頻繁に欠落しているか、曖昧です。人が、地球/月の距離を見つけられる処で、その乗り物の軌道計算は頻繁に欠落しているか、または曖昧です。」¹⁷⁴問題を更にもっと困惑させる事に、「NASA、またはその他の宇宙の専門家達は、彼等は惑星的な表面から表面まで、または中心から中心までのどちらの測量を使用しているのか明言しません。彼等はまた、彼等が海里的なマイル、または法定マイルのどちらを使用しているのか、常に明言するわけでもありません。彼等は何らかの一つのシステムに固執するわけでもありません。」¹⁷⁵ 端的に、「地球/月の測量のシナリオにおける唯一の一貫性は、公式な情報源から派生しているデータの非一貫性だけです。」¹⁷⁶

この行き詰まりに対するパーシーとベネットの脱出法は – ニュートン的な数字 – 23,900マイルが正しく、そしてタイム誌に対してヴォン・ブラウンによって明かされた数字が、「経験された」中立地点であると仮定する事でした。

「NASA とソヴィエト達は、月の周りの彼等の成功的なスリングショットのマヌーヴァ(操作)のための計算、そしてまた、当時のソヴィエトへ実際にサンプルを返還したものも含めて、彼等のクラッシュ着陸機とソフト着陸機のためのエネルギーの必要条件に関連した計算の一部として、月の1/6 G を使用しました。もし、月の重力/引力の評価が間違っていたなら、するとそれらのマヌーヴァのいずれも、成功的では無かったでしょう。」¹⁷⁷

彼のタイム誌に対するインタヴューの中で大きな間違いを犯したために、ヴォン・ブラウンが NASA から「辞任」したと言うのは、理論的に全く成り立ちません。タイム誌に対して意図的に嘘をついたために、彼が NASA から「辞任した」と言う事も、理論的に成り立ちません。意味が成り立つ唯一のシナリオは、彼がそうするべきでは無かった何かを明かしたために、彼が辞任する事を強要されたと言う事です。

4.これは、順を追って、月の表面に実際に着陸し、そしてその後、其処から離陸した乗り物である、アポロ計画の LEM (月面探査モジュル)に関する重大な問いを派生させます。コマンド・モジュルへと宇宙飛行士達を戻らせるために、月からそれが離陸した時に、LEM がロケットからの微量の(ロケットの)ブラストの特徴しか有していなかったと多くの研究者達が指摘しました。これは、ヤラセの月の撮影の証拠であると、とても多くが言います。私は、この説明の可能性が高いとも、信頼可能とも信じません。一つの事として、真空におけるロケットの噴射は、目に見える煙の柱を殆ど残しません。ですが、(砂塵などの)ブラストの特徴の欠如が示唆するかも知れないのは、私が信じるに、その LEM の主要な浮上力の構成要素は、ロケットでは無かったと言う事です。言い換えると、もし – そしてそれはとても大きなもしですが – 月の重力/引力が、一般大衆に伝えられているよりも大規模に、より大きいなら、するとこれは、月の上にいた間の、宇宙飛行士達の、異常に「重たい」動きを説明するだけでなく、LEM の主要な浮上の構成要素は、化学的なロケットでは全く無く、全く異なった、もう一つの科学技術であった事を示唆する傾向にあります。そしてそれが意味するのは、秘密の科学技術で、そして宇宙計画の重要な要素もまた秘密です。

ヴォン・ブラウンの発言に加えて、月から離陸するときの LEM からの殆どのロケットの噴射の欠如は、教科書には載っていない惑星的な科学 – 月の実際の重力/引力対その一般的に明言された重力/引力 – そして本には載っていない科学技術の存在を示唆しているのかも知れません。

B. Conclusions and Speculations
B. まとめと推理

1. The Torbitt Version has the following features:
1.トービットのヴァージョンは以下の特徴を有します:

(c)それらの事業(石油産業)と亡命移民のネットワークは、ヴァーナー・ヴォン・ブラウンの管理の下で、防衛産工業安全保障コマンド(DISC)として知られた組織を通して、FBI、CIA、そして NASA の安全保障を通して、アメリカの諜報工作のコミュニティーと絡み合っていて;

2. The Hidden Planetary Geology, Climatology and Archaeology Version:
2.隠された惑星的な地学、気象学と考古学のヴァージョン

(a)あらゆるヴァージョンにおいて -「馬鹿らしい」ものであれ、またはホーグランドとその他の、より可能性がありそうなものであれ – 共通的な特徴は、NASA が(そして示唆によってソヴィエト達が)遥か昔に-失われた、科学技術的に先進的な文明の遺物である、月と火星上の人工遺物を知っていると言う事で;

(c)同時に NASA は、月と火星上の人工遺物の可能性と、火星上の現在進行形の生命体の可能性を示唆するかも知れないあらゆる証拠を隠すために、意図的に改竄された写真やデータを公表し;

3. Jim Keith’s Casebook on Alternative Three Version has the following characteristics:
3.ジム・キースのオルタナティヴ・スリーのヴァージョンについてのケースブックは、以下の特徴を有します:

(d)米国の諜報工作のコミュニティーは、「共産主義と戦う」という名目の下で、後にゲーレン機関として知られた、ゲーレン将軍の Fremde Heere Ost によって、典型的な「トロイの木馬」作戦において、深く侵入され;そのゲーレン機関は東欧において、広い人材的な諜報工作のネットワークを保ち、そしてその分析は、ソヴィエトの軍事的な強さ、教義、そして意図の、戦後のアメリカの分析のための土台に成り;

(f)最後に、アメリカの SDI (戦略防衛構想)計画に携わった物理学者達、コンピューター科学者達、そしてその他の技術者達の幾つもの謎めいた死と蒸発が起こり、それをキースは鮮明に2つの源泉の1つに起因させ:彼等の核兵器の衰退を防ぐ事に必死なロシア人達、またはその科学技術と関心が、SDI によって脅かされる、知られざる独立的な存在でした。彼の本の全体的な主張のコンテキストにおいて、キースはこの存在が、戦後の「国際ナチス」との何らかの結びつきを持っていたと考えていたのは、明らかな様です。

4. The William Lyne Version
4.ウイリアム・リンのヴァージョン

(c)オルタナティヴな科学技術のこの秘密裏の「企業-ファシスト」的な開発は、その戦争の前にナチスによって開始され、そして – 様々な企業と米国政府の機関の資金援助によって – 戦後も彼等によって続けられました。

5. The “Jan Van Helsing” Version contains perhaps the most interesting – unsubstantiated – features:
5.ジャン・ヴァン・ヘルシングのヴァージョンは – もし、実証されていないとしても – 恐らく最も興味深い特徴を含み:

(d)それらの結社は、順を追って、ナチス党を存在へと産み出し、そして彼等の最も隠された教義 – 「黒い石」と「黒い太陽」が – SS の再上層部の秘密の教義に成り、それはまた、珍しい物理学への、彼等の探求を継続しました。

6. The Dark Moon Version:
6.暗い月のヴァージョン:

(a)彼等の主張の一つに対して中心的なのは、地球と月の間の、(引力/重力の)中立地点の矛盾です。目撃された様に、ベネットとパーシーは、この矛盾を – 私の意見においては誤って – 「オルタナティヴな物理学」のための主張に使用します。中立地点の矛盾がその方向を指摘する間、私が信じるに、彼のタイム誌のインタヴューにおいて、ヴォン・ブラウンが漏らしてしまった事は実際に、その一般的なロケットに加えて – または恐らくその代わりに – LEM (月面探査モジュル)において、推進力のとても先進的な科学技術の存在を示唆した、情報の欠片だったかも知れない重要な指標として取られるかも知れません。その様な科学技術の存在は、秘密裡の宇宙計画の存在を指示し;

7. Combining the Versions:
7.ヴァージョンを融合させると:

(a)リンと「ヴァン・ヘルシング」の – 2つのヴァージョンは – 2つの宇宙計画の起源は、その戦争の前に起こり、そしてそれらの両方が、珍しい研究を行っていた、独立的な存在との連動において起こったと主張し;

(b)ホーグランドと「ヴァン・ヘルシング」(!)の – 2つのヴァージョンは – その隠された計画と目的の幾つかの要素が、オカルトと秘儀主義のテーマによって圧倒されていると主張し;

(c)ジム・キースと「ウイリアム・トービット」の – 2つのヴァージョンは – この隠された宇宙計画を、慎重に隠された、諜報工作の人員達と科学者達の幅広いナチスのネットワークに関連させ、そして戦後のアメリカの諜報工作、軍需産業複合体、そして宇宙飛行科学のコミュニティーの、「トロイの木馬」的な深い侵入を示唆し;

(e)リンの – 1つのヴァージョンは – その主張を支えるために、物理学の「隠された歴史」をはっきりと提供し、テスラの後期の研究の幾つかの解釈を提供し;

(f)ホーグランドの – 1つのヴァージョンは – 同様に、火星上の人工遺物の発見と共に関連した「超越次元的な物理学」の新たな種があるとはっきりと明言し;

(g)ベネットとパーシーの – 1つのヴァージョンは – その様な協力の調整のための存在は、はっきりと名指ししませんが、早期の宇宙計画における米国とソ連の間の協力の秘密裡の要素が存在したとはっきりと明言し;

(h)再びベネットとパーシーの – 1つのヴァージョンは – 地球/月のシステムの中立地点の矛盾にまつわる問題を探求する事によって、物理学と惑星メカニクスの隠蔽された要素を示唆し、そしてこれが意味するのは、L.E.M.(月面探査モジュル)において存在していたかも知れない、オルタナティヴで、そして秘密の推進力の科学技術の可能性です。

これがまた示唆するのは、何らかの段階において、隠された科学技術が機能しているかも知れない可能性です。この筆者が、正真正銘であり、ヤラセでは無いと信じる、月からの LEM の離陸のテレビの録画は、2つの物事を人に示唆し:一つ目は、基準的な説明で:真空のために何とか目に見える炎の噴射を共にした、弱い重力の地表からのロケットの離陸です。または、それは、珍しい推進力の科学技術の存在の可能性を体現しているかも知れません。噴射の煙の比較的な欠如に加えて、上昇のほぼ一貫的な率は、私達が教えられたものよりもとても異なった、月から離陸する方法が存在している事を指標しているかも知れません。

8. Possible Entities and Requisites for Coordination
8.可能な存在と調整のための必要条件

この構図は、更にもう一つの重要な問いを浮上させ:どの存在、または組織が、その様な大規模な行い、そしてオルタナティヴな科学と科学技術の隠蔽、そしてそれらの秘密裡の開発を含めて、その様な同等に大規模な「広報活動」を調整し続ける事が出来るでしょう?少なくともベネットとパーシーのヴァージョンにおける、米国とソヴィエト連邦の間のとても高いレベル、そして最高機密の外交的な共謀を、もし人が例外にしたとしても、それでもそれは、ホーグランドやリンの論説、または NASA が、惑星的な地理についての重大な事実を隠蔽したと主張する者達のその他のヴァージョンを説明しません。

4.国際ナチス;ソヴィエトは、1954年までに、ドイツ人の科学者達の殆どを帰国させ、そして KGB は – 知られている限り – ゲーレン機関の東欧のネットワークに、比較的に成功的に侵入し、それらの多くを閉鎖した事が指摘されるべきですが、これは、上述の特徴の全てを有する顕著な特徴を見せる唯一の存在です。¹⁸¹ そうであれ、元々のソヴィエトの計画に対する過度な信頼は、ソヴィエト連邦内部で働いていた間に(後に)国外追放にされたドイツ人達によって、新人導入が行われた幾らかの可能性を浮上させます。

この方法において見解されると、戦後の「国際ナチス」の鍵の任務の一つが、一般大衆の目に映るソ連と米国の宇宙計画の一部の正に隠された調整であった、わずかな可能性を台頭させます。この論説を協力証言する一つの方法は、ナチスによって始められた戦時中の研究が、戦後の期間にも彼等によって継続されたと言う、何らかの示唆があるかを検証し、そしてこの研究が、米国、またはソ連の宇宙計画のどちらかとの明らかな連動、または両方との連動において行われたかを検証する事です。
_____
1 Friedrich Georg, Star Wars, p. 9.
2 Cited in Mary Bennett, David S. Percy, Dark Moon: Apollo and the Whistle-Blowers (Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press, 2001), pp. 165, 518.
3 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document and the JFK Assassination , with Introduction by Kenn Thomas and Foreword by David Hatcher Childress(Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press, 1996), p. 6.
4 Ibid..
5 マウリー島事件は、UFO の残骸回収の件の、より例外的な一つで、長い間 UFO 研究者達の殆どによって、完全なヤラセだと考えられてきました。クリスマンは、パジョー・サウンドの中のボートの上にいた間に、「故障した」UFO からの、スラグの様な残骸を回収したと主張しました。その残骸は後に、検証され、そしてシリアル(コーンフレーク)の箱に入れられ、空軍基地へと輸送されたと主張されました。ですがその残骸は、空軍基地へとは全く届かず、それを輸送していたツイン・エンジンの爆撃機は、理由不明のまま、墜落しました。
6 ナチス政府は、1933年1月30日に政府を形成するために、ヒンデンブルグ大統領がヒトラーを、帝国首相に任命するまで形成され無かったので、これは不正確です。
7 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document and the JFK Assassination, pp. 24-27.
8 鮮明にされるべきは、私がその暗殺のウォーレン委員会のヴァージョンを信じない事、そして陰謀が関わっていて、恐らく上述された要素に、少なくとも、構成されていたものだと信じる事です。
9 キリスト教教会のアメリカ委員会は、神学的なリベラリズムに反対する文献を出版すると同時に、中米と南米における宣教を資金援助しました。しかしながら、その会員達の幾らかは、死の部隊を訓練し、それらの地域において暗殺を行うための、フロント(建前)として利用された事が知られています。幾らかの研究者達は、その組織が、正にこの目的のため、そしてこの国(米国)へとマネーを洗濯するために、「諜報工作のコミュニティー」によって実際に確立されたと主張します。
10 NASA, Nazis, and JFK, p. 47.
11 Ibid.
12 Ibid., p. 48. トービット文献は実際に、良く知られたギャリソンに基づいた JFK の陰謀(暴露)本、派手やかなパリス Flammonde の The Kennedy Conspiracy を引用します。
13 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document, pp. 49-50, emphasis added.
14 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document, pp 48-49.
15 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document, p. 75.
16 ゲーレンの本部は実際に、ミュンヘンの郊外の街、 Pullach にありました。
17 NASA, Nazis, and JFK: the Torbitt Document, pp. 74-78.
18 Ibid., p. 85.
19 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document, p. 141.
20 Ibid., pp. 142-143, citing New Orleans District Attorney Files: General Staff Files, U.S. Army European Command, OUISE Section.
21 NASA, Nazis, and JFK: The Torbitt Document, p. 143.
22 Ibid., p. i, from the Introduction, “NASA, Nazis, and JFK” by David Hatcher Childress.
23 筆者は実際に、この「ドキュメンタリー」を何度も視聴しています。
24 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3 (Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press, 2005), p. 11.
25 それは、その同じ幾らかの、納得いかない行いから、明らかだったでしょう!
26 Jim Keith, Casebook on Alternative 3, p. 14.
27 Ibid., p. 17.
28 Ibid., pp. 19-20.
29 Jim Keith, Casebook on Alternative 3, p. 22, emphasis original.
30 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, pp. 80-83.
31 Ibid., p. 83
32 Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 84.
33 See chapters 4-6.
34 Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 84.
35 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 28.
36 Q.v. also Christopher Simpson’s Blowback. シンプソンとその他のコメンテーター達は戦後直後のアメリカの諜報工作のこの「ナチス化」の一つの効果は、ソヴィエトの軍事力とその意図の過大評価だったと。頻繁に指摘しました。もう一つの効果は、対応していたアメリカの軍事的な蓄積で、それよりは小規模でしたが、マーシャル(欧州救済)計画自体でした。更なるもう一つの効果は「押し戻し」の政策で、東欧 – そして北アメリカにおいて! – 白ロシア(ベラルーシ)人達、ウクライナ人達、リトアニア人達等々の亡命移民達の、ゲーレンのトロイの木馬を利用する様に計画された政策でした。
37 Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, pp. 46-47, emphasis added.
38 Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 43.
39 Ibid., p. 47, emphasis added.
40 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 28.
41 Ibid., p. 29.
42 Ibid., pp. 45-46.
43 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, p. 50.
44 Ibid.
45 Ibid., pp. 50-51.
46 Ibid., p. 51.
47 Ibid.
48 Jim Keith, Mind Control and UFOs: Casebook on Alternative 3, pp. 58-59.
49 William Lyne, Pentagon Aliens (Lamy, New Mexico: Creatopia Productions, 1999), p. 49.
50 Ibid.
51 Ibid
52 Ibid., pp. 48-49, emphasis added.
53 See my Reich of the Black Sun, pp. 80-88.
54 William Lyne, Pentagon Aliens, p. 99.
55 指摘されるべきは、「赤い水銀」の伝説の一部が、重水素(デュートリウムとトリチウム)の原子が核融合するために必要な熱を創造するための起爆剤としての原爆のための必要性に入れ替わり、完全規模の水素爆弾の核融合、または水素爆弾のための起爆剤として使用される事が可能であると言う事です。ロシア人達は、原爆を必要とする事無しで、水爆を起爆する方法としてそれを開発し、それでも大きな街を膨大な爆発において破壊する事が出来ますが、比較的に、より少量の放射線の汚染を残す、「綺麗な」水素爆弾を創造したと主張されました。
56 Lyne, Pentagon Aliens, pp. 99-100.
57 See chapter four of the present book, as well as Reich of the Black Sun, p. 335.
58 William Lyne, Occult Ether Phsyics: Tesla’s Hidden Space Propulsion System and the Conspiracy to Conceal It(Lamy, New Mexico: Creatopia Productions, 2003), pp. 1-2.
59 以下に続く数ページの中で「aether (エーテル)」の綴りは変化します。私は「aether」の綴りを好みますが、私はその綴りにおいて、参考文献の「ether (エーテル)」のための言及を保ちました。
60 Ibid., p. 3.
61 Ibid., p. 10.
62 William Lyne, Occult Ether Physics, p. 29, emphasis added.
63 Ibid., pp. 56-57, emphasis added.
64 Lyne, Occult Ether Physics, p. 30, emphasis added. “Electropulsion” (電気推進力)は電気的なチャージの差異に頼る推進力の方法のための、リンに相応しく造語された用語です。
65 テスラの記述のあらゆる検証が実証する様に、これは確かに真実です。リンの解釈において何が特徴的かと言うと、テスラの研究において彼が探知すると主張する推進していて統一している動機です。私達が目撃する様に、リンは彼の件を上手く論議します。
66 Lyne, op. cit., p. 30.
67 Lyne, Occult Ether Physics, p. 31.
68 See Lyne, Occult Ether Physics, pp. 48-66. 第五章の中の「スカラー」、または「量子的な効能」の物理学についてのトム・ビアデンの論議のコンテキストにおいて、58ページ上でリンが行う重要な明言を特に参照して下さい。「古典的な電気動力の支持者達と、光の電磁理論のマックスウェルの支持者達の間に、既に論争の一種が起こっていました。前者にとって、伝導性は、金属のワイヤー等々の中で起こり、その間、マックスウェルと共に、その伝導体は唯一、その運動の「ガイド(媒体)」としての役割を果たし、それ(伝導性)はその周りのダイエレクトリクスエーテルに満たされた空間において起こりました。」とリンは主張します。これは、電気的な回路が、クローズド・システムでは無く、オープン・システムであり、地域的な「構造」として、そしてその媒質とそのエネルギーの変換器として振舞うと言う事で、ビアデンの洞察とも同意する見解です。
69 Ibid. pp. 31-32, bold emphasis Lyne’s, italicized emphasis added.
70 鮮明さのために、私は、読者が頭の中で J.J. トムソンと混乱させない様に、ウイリアム・トムソンをケルヴィン卿と呼びましょう。
71 Proceedings of the Royal Society, viii [1856], p. 150, cited in Lyne, Occult Ether Physics, p. 54.
72 Lyne, op. cit., p. 54.
73 Ibid., citing F. Guthrie, Phil. Mag. xli [1871], p. 405.
74 Ibid., citing Phil Mag xli [1871], p. 405, letter of Lord Kelvin to F. Guthrie, p. 427. リンはまた、ケルヴィン卿の実験が、「エーテル内の固体の、重力的、慣性的、そして推進的な反応を調べるためのモデルを構築するために、機械的で、電気的な波の方法を使用する様に」デザインされた「類推的なもの」だったと言う、辛辣な観測を行います。(54-55ページ)
75 Lyne, Occult Ether Physics, p. 55, citing Repertorium d. Mathematik I [Leipzig, 1877], p. 268 and Proceedings of the Cambridge Philosophical Society, iii [1879], p. 276; iv [1880], p. 29.
76 I.e., chapters five and six.
77 それらの実験のためのその様な流体の選択は、当時の多くの物理学者達が、エーテル自体をその様な非圧縮性流体の超-繊細なヴァージョンとして見解したためです。
78 Lyne, op. cit., p. 55.
79 William Lyne, Occult Science Dictatorship: The Official State Science Religion and How to Get Excommunicated (Lamy, New Mexico: Creatopia Productions, 2001), p. 24.
80 Ibid.
81 Ibid.
82 Ibid., p. 25.
83 Ibid.
84 Lyne, Occult Ether Physics, p. 27.
85 Ibid., p. 4.
86 Ibid., p. 61. 1893年が重要なのは、テスラの電気的な縦波無線電力送電の彼の発見に繋がった、コロラド・スプリングスにおける実験を、彼が始めた年であるためです。
87 Ibid., p. 67.
88 Ibid.
89 John J. O’Neill, Prodigal Genius: The Life of Nikola Tesla (Las Vegas: Bortherhood of Life , Inc., 1994), p. 249.
90 John J. O’Neill, Prodigal Genius, p. 250.
91 リンはまた、テスラの見解において、「エーテルは光速の近くの速度において、「無限小の旋回」、または「ミクロな螺旋」へと投げ入れられる」と観測しました。(Occult Ether Physics, p. 68).
92 それはテスラが、Kaluza-Klein または Vaclav Hlavaty の、5次元と6次元の理論よりも進んで考えていたかも知れない事を示唆します。
93 See my The Giza Death Star Destroyed (Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press), chapters five and nine.
94 John J. O’Neill, Prodigal Genius, pp. 253-254.
95 テスラはまた、この引用において、一種の永続的で、はかない「記録のホール」である、アカーシャ、またはアカーシャ的なフィールドに対する彼の言及と共に、マテリア・プリマ(創始的な物質/素材)の太古の形而上学的、そして秘儀的な教義を、彼自身がよく知っている事を表します。
96 Lyne, Occult Ether Physics, p. 69. エーテルのこの見解の重要性と古さのために、私の Giza Death Star, chapter three;; and Giza Death Star Destroyed, chapters five and nine 参照して下さい。
97 Lyne, Occult Ether Physics, p. 70, bold face emphasis Lyne’s, italicized emphasis added.
98 Lyne, Occult Ether Physics, p. 71, emphasis added.
9 Ibid., p. 71.
100 John J. O’Neill, Prodigal Genius, p. 66.
101 Lyne, Occult Ether Physics, p. 72.
102 Lyne, Occult Ether Physics, p. 25, emphasis added. リンはまた、テスラの見解において、エーテルのフリクエンシー(振動率/周波数)の特徴は、強調のためにもし私の不器用な表現が許されるなら、エーテルは「超-超越的な-高いフリクエンシー」の本質であると観測します。テスラ自身は、エーテルの基本的な波の構造を、光速において移動している「音」の波を共にした、経度的(縦波)と音響の本質として見解しました。更に加えてテスラはまた、放射線を環境的なものとして見解し、そして故に流動的な現象で、そして不安定な物質の特定の種類の「内在的な」性質では無いとしました。(Lyne, op. cit., p. 74.)
103 Ibid., p. 28.
104 Lyne, Occult Science Dictatorship, p. 25.
105 Ibid., p. 27.
106 Ibid., p. 26.
107 Ibid., p. 27.
108 William Lyne, Pentagon Aliens, p. vii. 後に、キャロル・ローシンの宣誓供述書が考えられた時に、これが頭に入れておかれるべきなのは、水爆以後の、戦略的で、攻撃的な兵器と共に、宇宙を兵器化する事において、人類に対して行われる、大規模な「宇宙人的」なヤラセを示唆する、ヴォン・ブラウン自身によって成されたとされる直接の明言に拘わるためです。
109 Ibid., p. 118.
110 Ibid., pp 2-3. リンはまた、ナチスの UFO の伝説のシャウバーガーの構成要素も、この偽情報の構成要素だと信じます。
111 Lyne, Occult Ether Physics, p. 8.
112 Lyne, Pentagon Aliens, pp. 6-7, 48-49, 102.
113 Lune, Occult Science Dictatorship, p. 8.
114 Q.v. www.galactic-server.net/rune/vril1.html.
115 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril1.html, p. 1.
116 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, p. 1, www.galactic-server.net/rune/vril3.html.
117 Ibid., p. 2.
118 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril3.html, p. 3.
119 Ibid., p. 6.
120 Ibid.
121 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril3.html, pp. 6-7.
122 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril3.html, pp. 7-8.
123 Ibid., p. 8.
124 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril3.html, pp.7-8.
125 Ibid., p. 10.
126 Ibid., p. 9.
127 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p. 2.
128 Ibid.
129 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p. 3.
130 Ibid.
131 Ibid.
132 See the last two books of my Giza Death Star trilogy, The Giza Death Star Deployed, pp. 12-20, and The Giza Death Star Destroyed, pp. 31-37.
133 See my The Giza Death Star Deployed, pp. 12-23.
134 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p.4.
135 Ibid., p. 3, その霊媒者は、マリア・オルシックとされ、もう一人は「唯一シグラン」として知られていました。
136 Ibid., p. 2: December 1919.
137 Ibid., 5.
138 Ibid. 私は、現時点において、その正確な言及を見つける事が出来ていません。
139 Ibid., p. 6.
140 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p. 6.
141 Ibid.
142 Ibid., p. 13.
143 Ibid., pp. 13-14, emphasis added.
144 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p. 8, emphasis added.
145 See my Reich of the Black Sun, pp. 161-180.
146 Jan Van Helsing, Secret Societies: Their Power and Influence in the Twentieth Century, www.galactic-server.net/rune/vril4.html, p. 11.
147 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon: Apollo and the Whistleblowers, p. 1.
148 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 201.
149 Ibid., p. 165.
150 Ibid.
151 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, pp. 181-182.
152 Ibid., p. 173.
153 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 173.
154 Ibid.
155 Ibid., p. 177.
156 Ibid., pp. 177-178.
157 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 178.
158 Ibid.
159 Ibid., p. 194.
160 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 198.
161 Ibid., p. 197.
162 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 162.
163 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 543.
164 Ibid., p. 201, emphasis in the original.
165 Ibid.
166 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, pp. 240-241. Also see my The Giza Death Star, p. 157.
167 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 390.
168 Ibid., p. 392.
169 Ibid., p. 393.
170 Ibid., p. 394.
171 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 393.
172 Ibid., p. 392.
173 Ibid., p. 391.
174 Ibid.
175 Mary Bennett and David S. Percy, Dark Moon, p. 391.
176 Ibid., emphasis added.
177 Ibid., p. 395.
178 この中立地点の数字はもう一つの問題を浮上させ、私が私の著書 The Giza Death Star, pp. 219-220 の中で断言したものです。
179 私が知る限り、ホーグランドが NASA に対して行った様な、ソヴィエトの発射に対するその様な「オカルト」、または「秘儀的」な分析はありません。もし、ソヴィエトの計画に対しても、アメリカの様に同様なら、するとこれは、その鼓舞が何であったにせよ、同じ思想的な鼓舞に沿った秘密の証拠を構成するでしょう。
180 私達が後の章の中で目撃する様に、それは、その戦争の以前、最中、そして以後のいずれにおいても、ナチス主義に対するはっきりとした関連性が無いわけではありません。
181ドイツの Bundesnachrichtendienst (BND)について、殆ど全く知られていないのは言うまでもありません。世界の主要な諜報工作機関、イスラエルのモサッド、ソヴィエトの KGB、英国の MI-6、フランスの Surete、または中国の諜報工作さえも含めて異なり、それだけが、ゲーレン将軍自身の自伝以外に、その成功、そして/または失敗について殆ど何も記述されていません。

Part Two: The “Bell”:
第二部:ザ「ベル」
Nazis and Occulted Physics
ナチスとオカルトされた物理学

Chapter 4: “Das Laternenträgerprojekt”: The Bell and Igor Witkowski
第四章:「Das Laternenträgerprojekt」:ザ・ベルとイゴール・ウィトコウスキー

A. Igor Witkowski on the Bell
A. ザ・ベルについてのイゴール・ウィトコウスキー
1. The Significance of the Story of the Bell
1.ザ・ベルの逸話の重要性
2. An Obvious Question and a Not So Obvious Answer
2.明らかな問いと、それ程、明らかでは無い答え
3. The Personnel and a New SS Player on the Scene: The Forschugen, Entwicklungen, Patente
3.その場面における人材と新たな SS の関係者:The Forschugen, Entwicklungen, Patente
a. SS Obergruppenführer Emil Mazuw
a. 親衛隊大将、エミル Mazuw
b. Prof. Dr. Walther Gerlach
b. ウォルター・ゲーラック教授
c. The Mysterious Dr Elizabeth Adler
c. エリザベス・アドラー博士の謎
d. Otto Ambros of Auschwitz “Buna” Factory Fame
d. アウシュヴィッツの「ブナ(合成ゴム)」の工場の名声のオットー・アンブロース
e. Dr. Kurt Debus
e. カート Denus 博士
(1) “Kriegsentscheidend”
(1)「Kreigsentscheidend」
4. Dr. Hermann Oberth Takes a Trip with some Friends
4.ハーマン・オバース博士が、何人かの友人達と共に旅に出る
B. The Operation of the Bell and Its Effects: Witkowski’s Reconstruction of the Bell
B. ザ・ベルの機能とその効果:ウィトコウスキーのザ・ベルの再構築
1. Where It All Happened
1.その全てが何処で起こったのか
2. The History and Code-Names of the Project
2.その計画の歴史とコード-ネーム
3. The Last Flight of the Ju 390
3.Ju 390便の最後の飛行
4. The Design of the Bell and its Effects in Operation
4.機能におけるザ・ベルのデザインとその効果
5. Witkowski’s Reconstruction of its Possible Physics
5.その可能な物理学のウィトコウスキーの再構築
6. A Story from the Neo-Nazi Fringe
6.ネオ-ナチスの周りからの逸話
7. Mercury Vortex Engines… Again
7.水銀の渦巻きのエンジン・・・再び

Chapter 5: “Working in Fields of Physics that were Monstrous on a Daily Basis”
第五章:「日常的に、化け物染みた物理学の分野において研究する」

A. Strange Claims and Quotations: Indicators of Wartime German Research in “Scalar” Weapons
A. 奇妙な主張と引用:「スカラー」兵器における戦時中のドイツの研究の示唆
1. The “Artificial Rubies” Passage from the Farm Hall Transcripts
1.ファーム・ホールの書き出しからの「人工的なルビー」の文章
2. The Farm Hall Transcripts’ Indications of a German Photochemical Process of Isotope Separation and Enrichment
2.ファーム・ホールの書き出しの、同位体の分離と濃縮のドイツのフォトケミカルな行程の示唆
3. Back to Roswell and the Majestic 12 Documents: Another Odd Corroboration of Possible Nazi Knowledge of Cold Fusion
3.ロズウェルとマジェスティック12の書類に戻る:冷温核融合のナチスの知識の可能性の、もう一つの奇妙な協力証言
4. A British Intelligence Agent’s Statement on the Monstrous Areas of Physics being Developed by the Kammlerstab
4.カムラースターブ(カムラーのスタッフ)によって、物理学の化け物染みた分野が開発されている事についての、英国の諜報工作員の明言
B. Bearden’s Reconstruction of the History of Scalar Physics
B. スカラー物理学の歴史のビアデンの再構築
1. Bearden on the State of Electromagnetic, or Electrodynamic, Theory, and the Elements of Scalar, or Quantum Potential, Physics
1.電磁的、または電気流動的な理論、そしてスカラーの要素、または量子効能の物理学の状態についてのビアデン
a. Classical Electrodynamic Theory as a Perpetual Motion Machine
a. 永続的な運動の機械としての古典的で電気流動的な理論
b. What the Soviets (And Nazis) Found on Their Scavenger Hunt: E.T. Whittaker’s Decomposition of Scalar Potentials into Bi-Directional Longitudinal Waves
b. 彼等の拾い物探しの上でソヴィエト(そしてナチス)が見つけたもの:E.T. ウィティカーのスカラーの効能の、二方向の経度的な波(縦波)への分解(変質)
2. Bearden’s Claims for “Scalar” Physics and its Weaponization
2.「スカラー」物理学とその兵器化のためのビアデンの主張
a. The Dangers of Scalar Resonance: Planet-Busting “Doomsday” Implications
a. スカラー・レゾナンス(共振)の危険性:惑星を爆発させる「審判の日」の示唆
b. The Scalar Template and Weapons Applications
b. スカラーのテンプレート(型板)と兵器の応用
3. The Implications of Bearden’s Reconstruction of the History of Scalar Physics
3.スカラー物理学の歴史のビアデンの再構築の示唆
a. Back to “Freya” and “See-Elefant”: The German Over-The-Horizon Radars
a. 「フレヤ」と「シー-エレファント」に戻る:ドイツの地平線を超えたレーダー
b. An Odd Allied Intelligence Report Indicating the Nazi Operation of Scalar Weapons
b. スカラー兵器のナチスの作戦を示唆している奇妙な連合国の諜報報告
4. Conclusions and a Post-War Scalar Postscript: the “Scalar Weapons” Nations and Germany
4.まとめと戦後のスカラーの後書き:「スカラー兵器」国家とドイツ

Chapter 6: “For Whom the Bell Tolls”: Scalar Physics, Zero Point Energy, and the Vorticular Aether: A Speculative Reconstruction of the Physics of the Bell
第六章;「ベルが鳴る者のために」:スカラー物理学、ゼロ・ポイント・エネルギー、そして渦巻き的なエーテル:ザ・ベルの物理学の推理的な再構築

A. U.S. Declassified Patents from the Cold War and SDI
A. 冷戦と戦略防衛構想からの、米国の公文化された特許
1. Enter the Mossbauer Effect
1.Mossbauer 効果が登場する
B. Plasmas, Rotation, Pulses, and Zero Point Energy
B. プラズマ、回転、パルス、そしてゼロ・ポイント・エネルギー
1. Plasmas and Transmutation
1.プラズマと変格
2. Four Mysteries and Ion Oscillation
2.4つの謎とイオンの振動
3. Paul Brown’s Glow Plasma Oscillator
3.ポール・ブラウンのグロー・プラズマ振動器
4. Non-Equilibrium Thermodynamics and Self- Organization
4.非-均整の熱力学と自己-組織化
5. Oscillation of Plasmas and ZPE Coherence
5.プラズマの振動と ZPE の一貫性(結合性)
6. Gray’s Scalar Compression Tube
6.グレーのスカラー圧縮チューブ
7. Counter-Rotating Electromagnetic Fields, ZPE Coherence, and Kontrabary
7.逆-回転している電磁場、ZPE の結合性、そして kontrabary
C. The Vorticular Mechanics of the Aether: The Theories of O.C. Hilgenberg and Carl F. Krafft
C. エーテルの渦巻き的な機械性:O.C. ヒルジェンバーグとカール F. クラフトの理論
D. Back to Mercury Vortex Engines
D. 水銀の渦巻きのエンジンに戻る
E. Speculations: The Bell as a Scalar Physics Device
E. 推理:スカラー物理学の機器としてのザ・ベル

Chapter 7: “Gerlach’s New Alchemy:” The Mysterious Serum 525
第七章:「ゲーラックの新たな錬金術:」謎めいたセラム525

A. An Article in the Evening Newspaper
A. 夕刊の中のある記事
B. Mercury Pyro-Antimonate, or Red Mercury (Mercury Antimony Oxide)
B. 水銀のパイロ-アンチモン、または赤い水銀(水銀酸化アンチモン)
1. Code-name DOVE
1.コード-ネーム白鳩
2. The .01 Kiloton Yield Pure Fusion Bomb: The Logic of Fusion Weapons Development
2.0.01 キロトンの爆発力の純粋な核融合爆弾:核融合兵器の開発のロジック
a. First Generation Weapons
a. 第一世代の兵器
(1) Radiological Weapons (“Dirty Bombs”)
(1)放射線的な兵器(「ダーティー爆弾」)
(2) The Semi-Fission, or “Atomic Fizzle” Bomb
(2)半-核分裂、または「原子的なフィズル」爆弾
(3) The Pure Fission, or Atomic Bomb
(3)純粋な核分裂、または原子爆弾
b. Second Generation Weapons
b. 第二世代の兵器
(1) Boosted Fission Weapons
(1)ブースト(加速)された核分裂の兵器
(2) Fission-Fsusion (-Fission) or Full Hydrogen Bombs
(2)核分裂-核融合(-核分裂)、または完全な水素爆弾
(3) The Neutron Bomb
(3)中性子爆弾
(4) The “Salted” or “Doomsday” Bomb
(4)「塩漬けされた」、または「審判の日」爆弾
c. Third Generation Weapons: The Pure Fusion, or Pure Hydrogen Bomb
c. 第三世代の兵器:純粋な核融合、または純粋な水素爆弾
3. The Red Mercury Legend, Recipe, and “Xerum 525”
3.赤い水銀の伝説、レシピ、そして「セラム525」
a. The Red Mercury Legend
a. 赤い水銀の伝説
b. The Recipe and “Xerum 525”
b. レシピと「セラム525」
c. Nuclear Isomers, Spin, GRASERS, and Gerlach
c. 原子核のアイソマー、回転、グレーザー、そしてゲーラック
C. Back to the Nazi Atom Bomb: The Implications of the Ohrdruf Test Reconsidered
C. ナチスの原子爆弾に戻る:再検証された Ohrdruf の実験の示唆
1. The Claims for the Ohrdruf Test
1.Ohrdruf の実験のための主張
2. The Implied Existence of a Reactor Technology: Hartek and Houtermann’s “Cold” Reactors and the “Recipe”
2.反応器科学技術の示唆された存在:Hartek と Houtermann の「冷温」反応器と「レシピ」
D. Briefly Back to Roswell and MAJIC-12: General Nathan Twining’s “White Hot Intelligence Estimate” Reconsidered
D. ロズウェルとマジック-12に少々戻る:ネイサン・トワイニング将軍の「白熱の諜報の推測」は再検証される
E. A Summary and Conclusions
E. まとめと結論

Part Three: The “Brotherhood”:
第三部:「同胞団」
Nasa’s Nazis, JFK, and MAJIC-12
NASA のナチス、ジョン F. ケネディー、そしてマジック-12

Chapter 8: “The Day After Corso”: More MAJIC 12 Documents in the Light of Nazi Technology
第八章:「コーソの明後日」:ナチスの科学技術の光の下の、更なるマジック12の書類

A. MAJIC-12 Documentary Analysis
A. マジック-12の書類の分析
1. Document 1: Air Materials Command Secret Memo to Brig. Gen. George Schulgen, Sept 1947. Analysis
1.書類1:1947年9月の、ジョージ Schlgen 准将への、空軍資材司令部の秘密のメモの分析
2. Document 2: Analytical Report of Research and Development Laboratory of 2 September 1947 Analysis
2.書類2:1947年9月2日の、調査と開発の研究所の分析的な報告の分析
3. Document 3: Letter of Anonymous Source to Timothy Cooper Analysis
3.書類3:ティモシー・クーパーへの、匿名の情報源の手紙の分析
4. Document 4: Letter of Anonymous Source to Timothy Cooper Concerning Privatization of MJ-12 Analysis
4.書類4:MJ-12 の民営化に関するティモシー・クーパーへの匿名の情報源の手紙の分析
5. Document 5: Top Secret/Jehovah NSA Intercept: Analysis
5.書類5:トップ機密/エホヴァ NSA 中間傍受の分析
6. Document 6: Annex C Fragment Analysis
書類6:アネックス C の破片の分析
7. Documents 7 and 8: Top Secret Memo of President Roosevelt to General Marshal, 27 February 1942; Double Top Secret Letter of FDR to General Marshall Feb 22/24, 1944 Analysis
7.書類7と8:1942年2月27日の、マーシャル将軍へのルーズベルト大統領の最上機密のメモ;1944年2月22/24日の、マーシャル将軍への FDR (ルーズベルト) からの二重の最上機密のメモの分析
8. Document 9: Recovered, Reconstructed, and Test- Flown “S” Aircraft and Paperclip Personnel Assistance Analysis
8.書類9:回収され、再構築され、そして試験-飛行された「S」飛行機とペーパークリップの人材の補佐の分析
9. Document 10: Dr. Edward Teller’s Pitch to President Reagan for the Strategic Defense Initiative (SDI) Analysis Preliminary Scenario Assessment
9.書類10:戦略防衛構想(SDI)のためのレーガン大統領への、エドワード・テラー博士の推薦の分析の事前的なシナリオの検証
10. Document 12: The MAJIC-12 Bowen “Encyclopedia of Flying Saucers;” The Kammlerstab, and Nazi Saucers Analysis
10.書類12:マジック-12のボウエンの「空飛ぶ円盤の大辞典」;カムラースターブ、そしてナチスの円盤の分析
B. The Day After Corso: An Examination of Corso’s The Day After Roswell in the Light of the Cooper-Cantwheel Documents and German Wartime Technology
B. コーソの明後日:クーパー-キャントウィール文献とドイツの戦時中の科学技術の光の下におけるコーソのロズゥェルの明後日の検証
1. Corso on the Integrated Circuit and Transistor
1.統合された回路とトランジスターについてのコーソ
2. Lasers
2.レーザー
3. Fiber Optics
3.繊維光学

Chapter 9: “Mae Brussellsprouts”: Nazi Survival and JFK
第9章:「マエ・ブリュッセルスプラウツ」:ナチスの生き残りと JFK

「昔の将軍達が帰って来る。(南米は)ナチスに溢れている!・・・その様な事をする人達には、唯一、一種しかいない事を彼等は知るだろう・・・それはナチスで、そして権力にあるのは彼等である。」
– ジャック・ルービー(aka. ルーベンスタイン)

これに関連して着目するだけ興味深いのは、皇帝フレデリック2世によって設立された大学、(イタリアの)ナポリ大学の700周年記念が祝われた時、以下の刻印と共に、パレルモの大聖堂において、その皇帝の石棺の近くで、一つの冠が発見された事でした:
「Seinem Kaiser und Helden
Das geheime Deutschland.」
(『彼等の皇帝と英雄へ、ドイツから』)」

例えば、催眠術の下で、彼の精神科医、ベンジャミン・サイモンに対して、有名な UFO のアブダクティー(宇宙人、または宇宙人のふりをした誰かにさらわれた人)、バーニー・ヒルによって述べられた明言を考えてみて下さい:

「バーニー:
(彼は極度に正確にしようと努力します。)
其処には窓の一連がありました。とても大きな窓の一連です。唯、支柱によって分離された – または、一つの大きな窓に成る事を避けるための構造・・・もしくは、そうでなければ – 一つの大きな窓に成るものでした。そして、その上の邪悪な顔は – (彼は「指導者」と言いかけました。)
彼はドイツのナチスの様に見えます。彼はナチスで・・・」
(彼の声には問いかける様な音(雰囲気)があります。」
医師:
「彼はナチスですね。彼は制服を着ていますか?」
バーニー:
「はい。」
医師:
「どの様な種類の制服ですか?」
バーニー:
「彼は、彼の左肩の上にぶら下がっている黒いスカーフを、彼の首回りに着けています。」

A. J.F.K’s Policies
A. JFK の政策

人が、彼の政策に同意する、または異論するに拘わらず、大統領ジョン F. ケネディーは、彼の短かった大統領の任務期間において、多くの人達がアメリカの「エスタブリッシュメント(権力側)」、または「秘密(影/闇)の政府」の要素を構成すると信じる、とても根深く、そしてとても強力な関心の数々を、明らかに脅かす政策を概要しました。ケネディーは、例えば、(キューバの)豚の湾(Bay of Pigs 作戦)の大失敗の後、効果的に、準軍事的(傭兵的)で秘密裡の作戦行動を CIA から取り上げ、ペンタゴンに渡す結果と成った、国家安全保障のメモ(摘要書)を循環させました。彼は、「CIA を、何千もの欠片に打ち砕く」と宣言しました。アレン・ダレス、または – MAJIC-12 (マジェスティック-12)の書類におけるその現れを、私達が以前の章の中で着目した – チャールズ・ピアー・ケイベル将軍の様な人達にとって、ケネディーは、彼等が第二次世界大戦以後に育ててきた官僚的な権力の封建制度に対して、直接、狙いを定めていました。

そしてアメリカにおいて最も近差の争いの選挙の後、ケネディーは、狭い得票数の差で、共和党の現職の副大統領、リチャード・ニクソンに対して勝利しました。多くの人達は、ケネディーが勝ったのが何故なら、その国全体を渡って、イリノイ州のシカゴの、悪名高く腐敗したクック(選挙)地区の様に、当時の知事、リチャード・ダリーと、様々なマフィアの関係者達によって、(票が)「お届け」されたためだと主張します。それは、熱く競争されたその他の(選挙)地域のために主張された逸話(噂)でした。大統領府に入った後、ケネディー大統領は、彼の弟ロバートを司法長官に任命し、ケネディー政権は、組織化された犯罪組織(マフィア)を追求し始めました。そして、彼の弟、ロバートが司法局の指揮を執ると共に、諜報工作のコミュニティー(CIA)と組織化された犯罪組織(マフィア)の他に、もう一つの強力な敵が加わりました。その敵は、ワシントン D.C. (コロンビア特区/米国企業株式会社/東インド会社)における社交会に集う権力の輪の中で、ケネディー政権に対する憎しみを秘密にしなかった男、FBI 長官、J. エドガー・フーバーでした。

この時点において立ち止まり、着目する価値があるのは、それらの可能性のある3つの敵の内の2つが、暗殺後のウォーレン委員会に対して極度な影響力を行使し、(キューバ侵略の)豚の湾の後、ケネディーによってクビにされた、元 CIA 長官、アレン・ダレスが、勿論、その委員会の代表的なメンバーに成り、疑う余地無くそれによって、混乱の言葉のスピン(扇動)における不透明化で、あらゆる CIA の関連性を埋めて消し去った、または最小限に保ったためです。その委員会の結末に多大に関連したもう一つの敵は、勿論、J. エドガー・フーバーの FBI で、それはその委員会への情報の流れとデータに対して普通以上(異常)な影響力を行使しました。

以前の章の中で見られた様に、しかしながら – もし人が、論議するためにそれらの正当性を認めるなら – ケネディーが、ソヴィエト連邦と共に共同で宇宙開発する事を求めていた事を示唆する、MAJIC (マジック)- 12の文献があります。もし人が、その2つの国々の宇宙計画のどちらか、または両方に対して、何らかの秘密裡の要素(i.e. 離脱社会)が存在すると推定するなら、するとこれもまた、多くの隠された目的と、埋め込まれた権力の関心を脅かしたでしょう。そしてこれに関連して – 本物か、偽物かは別にして – MAJIC – 12 の書類の全てが光の下で照らされる遥かにもっと以前から、トービット文献は、宇宙計画と、NASA の内部における高い地位に置かれたナチスのネットワークについて独自の結論を引き出していました。トービット文献の中で、ヴォン・ブラウン(元ナチス・ドイツのロケット工学研究者/NASA の長官)の the Defense Industrial Security Command (D.I.S.C/防衛工業安全保障コマンド)の操作/統治は順を追って、フェレンス・ナギーの様な第二次世界大戦のその他のファシスト達に関連したペーパークリップ(ナチス・ドイツから、CIA に吸収された科学者達)作戦の科学者達の、このネットワークの象徴に成り、西欧(ヨーロッパ)と米国においてフロント(建前)組織のネットワーク(スパイ組織)を設定した、ゲーレン組織(ナチスのスパイ組織)を通して、ナチスに協力した後、戦後に、共産主義者達(ソヴィエト)の報復を逃れるために、その結果として東欧から逃避した(欧米への白ロシアなどの)亡命移民のコミュニティーを体現しました。これらの2つのグループ(組織) – ペーパークリップ(作戦)の科学者達と、ファシスト(ナチス)の亡命移民のフロント(建前)は – 順を追って、その執行部の一員として、クレイ・ショーも同時に含めて、多くの著名なファシスト(極右/ナチス)を共にした、「パーミンデックス」社と呼ばれた、まぎれも無い、「マーダー・インコーポレーティッド(殺人は当たり前組織)」に関連していました。トービッド文献は – クーパー-キャントウィールの MAJIC – 12の文献が、UFO 研究者達のコミュニティーの中に解放された、または意図的に流出された、遥か以前に – 殆どのケネディー暗殺の研究者達によって、簡単に袖から払われる(無視される):ナチスに対する、とてもはっきりとした関連性を示します。

その暗殺に関係した必死な集団 – 軍需産業複合体や CIA に代表される「国家安全保障の『コミュニティー』」、FBI とその他の機関、宇宙開発計画(NASA)、マフィア、様々な反カストロのキューバのフロント(建前)と同時に、東欧のヨーロッパ人達(ナチスのスパイ・ネットワーク)の、軍事的で、右翼的な(欧米への)亡命移民グループに体現され、そして金融と銀行業の国際企業連の – の慎重な考察は、数多くのその暗殺の研究者達が指摘した様に、それらの要素の全ての間の数多くの関連性を示唆します。ですが、それらの組織的な関心の全てに関連した一つの集団があり、そしてそれは、勿論、ナチスです。

B. Mae Brussel on Nazis and JFK
B. ナチスと JFK についてのマエ・ブリュッセル
1. Her Thesis
1.彼女のテーゼ

「この話は、どの様にナチスが、Wehrmacht (国防軍)が未だに攻撃中にある時にでさえ、軍事的な敗北を仮定し、ナチス主義を、そっくりそのまま、変装させて西洋(欧米)の避難地に埋め込む計画をしたかについてです。その話は、どの様にして、誇り高き男達、そして幾らかのあまり誇り高く無い男達が、赤い脅威(共産主義)によって全く盲目にさせられ、ナチスの計画に完全にはまったかについてです。それは奇妙なカップル足す1の話しで:(それらは)マフィア、CIA、そして狂信的な(東欧からの)亡命移民達で、それぞれがケネディーを射殺するための独自の理由を有していました。その話は、1963年11月22日にジョン・ケネディーが殺害された時に、そのクライマックスを迎えます。そしてそれは、その後の集大成がある話で – アメリカの、ファシズム寸前までの転落でした。

2. Germans and Atsugi AFB, Japan: An Oswald Nazi Link
2.ドイツ人達と日本の厚木空軍基地:オズワルドとナチスのリンク

更により少ない人達は、オズワルドの知られている FBI との関連との関係において、それらの奇妙な振る舞いと政治的な信念について考え、そして(私の意見においては正しく)日本の秘密裡の厚木空軍基地において、一人の海兵隊員であった間の、オズワルドの親マルクス主義の政治的な信念の奇妙な表しは、彼をシープ・ディップ(羊を消毒液に浸す/洗脳教育/用意)するパターンであると考えます。オズワルドは、それらの公に告白された信念にも拘らず、その空軍基地における秘密裡のレーダー基地における特定のセキュリティーのクリアレンス(侵入許可)を持っていて、同時にロシア語を学んでいました。

そして、その暗殺事件の研究者達の殆どに良く知られているもう一つの事が更にあり:厚木空軍基地は、ソヴィエト連邦上空の、CIA の U-2(スパイ)機が帰属した処でした。

多くの暗殺の研究者達は、その同年の後に、フランシス・ギャリー・パワーズの U-2 機の撃墜に繋がった、レーダーとその他の技術的なデータを、オズワルドがソヴィエトに渡したと信じます。勿論、その U-2 機は、日本の厚木空軍基地から飛び立ちました。U-2 機の飛行は、空軍の作戦では無く、CIA の作戦だったので、これが意味したのは、CIA が厚木基地において、秘密裡の基地を有していた事です。これについては、後程、更に述べます。

その後、信じられない事に、オズワルドは、彼のロシア人の妻と共々、米国に-亡命する事が許され – 当時(冷戦時代)としては全く簡単な事では無く – 其処から彼のその後の活動と(人間)関係は、多かれ少なかれ、よく知られています。

ですが多くの人達が知らないのは、オズワルドが、極左派の信念と組織との彼の関係に加えて、同時に極右派の人達と組織との、とても奇妙な関係を幾つも持っていた事です。それらの一つは、信じがたい事に、元 Wehrmarcht (ドイツ国防軍)の将軍、ラインハルト・ゲーレンの、(欧米に)亡命移民したスパイ・ネットワーク(組織)以外のなにものでもありませんでした。

(アレン)ダレスが語ると、ゲーレンは聞き入りました。その CIA 長官(A.ダレス)は、彼の兄弟で、国務長官であるジョン・フォスター・ダレスと共に、ソヴィエト・ブロックに「囚われた国々」は、十分な応援を与えられれば発起すると信じていました(フォルス・フラッグ)。彼(ダレス)の要望において、ゲーレンはアメリカの部隊が関わる事無く、準備万端な、(国外)追放された傭兵部隊を集め訓練しました。ダレスの要望においてまたゲーレンは、ソヴィエト連邦内へとパラシュート降下させるスパイの部隊編成のために、彼の戦時中のロシア人協力者達の階級(一連)を応用しました。それらのスパイ達の幾らかは日本の厚木における CIA の秘密裡の基地において訓練され、1957年に其処にはリー・ハーヴィー・オズワルドと言う名前の若い海兵隊員が、其処における U-2 スパイ機の作戦に配属されていました。」

3. Gehlen and the Russian Orthodox Diaspora
3.ゲーレンとロシア人の正教徒の亡命移民者達

どんな場合であれ、明らかなのは、オズワルドと、その類似した人達を通して、ダレスの CIA は、それぞれがお互いの容赦ない敵同士であり、同時に、順を追って、アメリカの根源的な敵である – ソヴィエトとゲーレン自身の「元」ナチスの組織と言う、2つのとても危険な要素と共に、とても危険なゲームを繰り広げていました。BND (西ドイツの諜報工作機関)を使用する意図は明らかでした:もし、厚木とその他の場所における亡命移民達の訓練の作戦が暴露されても、アメリカの関わりは「否定される」事が出来るためです。ゲーレンの組織は故に、その作戦のためのカット-アウト(外部受注/下請け)でした。この章における後において見られる様に、しかしながら、「カット-アウト達」は、建前上の「コントローラー(ハンドラー)」から素早く半-独立的に成る、または完全に独立する事が可能で、そして結果的に、トロイの木馬に成る事が出来ます。

a. Implication: The Infiltration of US Intelligence and Defense
a. 示唆:米国の諜報と防衛への侵入

言葉を変えると、もし人がそのロジックに緊密に続けば、その組織は、法的な契約を有し - 征服のための - 元々の契約を与えた権威からの、直系の有能な権威によって、一度も破棄されていません。そしてその組織は、定義において、その中心的な思想がドイツ人と共に世界帝国を確立する事を、覇権のその心臓部と高みに掲げた、プロシアの軍事の秘密結社でした。

そのリミニの金印勅書は、実質上その後の数世紀のための、ヨーロッパの地政学において、多大な役割を果たした組織の設立として受け取られるかも知れません。ですが、同等に重要なのは、あらゆる基準、そして間違いなく中世のラテン教会の基準において秘儀主義的と考えられる学者達と科学の擁護者としてよく知られる「ルネッサンス的な人」、皇帝フレデリック二世と言う人物です。フレデリックは、彼の振る舞いを、彼の有名な祖父、フレデリック・バーバロッサにモデルさせる事を好み、⁷⁴ そしてまた、「実際には正当性が無い様に見える主張ですが、テュートン騎士団が、バーバロッサによって設立された」と主張しました。⁷⁵ フレデリック二世は、バーバロッサのオーラを、彼のテュートン騎士団に着せようと試みていて、そしてこの事実を作り上げたのかも知れませんが、そうであれ、彼がまた、その組織の本当の設立者を口から漏らしてしまった可能性は否定出来ません。

d. The Hohenzollerns Become Grand Masters of the Order
d. ホーヘンゾラーン家 がその秩序(秘密結社/組織)のグランド・マスターに成る

ですが、中世の後期とルネッサンス期の初期に成ると北方のドイツの街々は、ドイツの東部のバルト海に沿った街々における、その組織の統治を打倒する一部として、ハンサ、またはハンシア的なリーグ(同盟)として知られた貿易のリーグを形成しました。これは、成功を収めました。その財力と軍事的な力が弱体化すると共に、その組織は新たな連合によって接近され – 実際にその時代における唯一の連合で – ブランデンブルグの辺境伯(貴族の称号の一つ)、フレデリック・ヴォン・ホーヘンゾラーンでした。⁷⁷ その2つと – その結社とホーヘンゾラーン辺境伯は – それぞれの領民達に対してお互いを補佐する同盟を結びました。そして故にホーヘンゾラーン家と、その結社によって体現された古いプロシアの貴族の間の異例的な連合が生れました。この関係の結果として、1511年に成ると、アルバート・ヴォン・ホーヘンゾラーン・アンド・ブランデンブルグが、その結社のグランド・マスターへと選出され、「その結社の伝統と野望の完全な理解と共に、彼が満たした役職でした。」⁷⁸ グランド・マスターとして、アルバート・ヴォン・ホーヘンゾラーンは1525年に、その結社をプロシア公国の世襲制へと変格する事によって、それを世俗化(非宗教化)しました。⁷⁹ その結社の「秘密結社」の構成要素は生き延び、そしてまた、プロシアにおけるヤンカー(家)の貴族階級の中で、幾つもの分派的な秘密結社を産み出し、その一つは、「リザード(トカゲ/爬虫類)会」で、その結社の元々の帝国的な計画と同時に秘儀的な教義を保ちました。⁸⁰

「プロシアと、プロシアに圧倒されたドイツにおいて、それ以来、統一直線的な発展が起こり – そしてそれはリザード会の基本的な原則に対して、点から点まで一致するので、私達の時代(i.e. 1940年代)までの秘密裡なプロシア-テュートン的な組織の生き残りの十分な状況証拠として考えられるかも知れません。ですが、更にまだあります。プロシアの成長の全体の行程は、断続されていない有機的な計画によって鼓舞された様に見えます・・・その結社がプロシアの状況を操作する事を止めて以来、しかしながら、観測可能な出来事のロジックにおける断続性はありません・・・

「私達の状況証拠は更に遠くまで行き:ドイツは、1918年において敗北させられ、プロシア的な要素の昔の野心的な計画は永遠に砕かれた様ですが、数か月以の内に誰かが、何処かで、ドイツのカーテンの背後において、最大級の重要性の判断を行った様です。それらの決断が意味したのは、昔の Fehme (秘密裁判)の復活、若いドイツ共和国を障害するために計画された、システム的なテロの組織、そしてドイツの秘密裡の再軍国化を可能にする事でした。「秘密結社」と呼ばれるものが毎日の様にドイツ全体に出現し – それらの結社は、それらの決断と活動の詳細に関して秘密主義でしたが、それらの存在自体は、誰からも秘密ではありませんでした。それらの秘密結社の全ては、それら自体の間で親密に関連していて;そしてそれらの間にライバル心はありませんでした。それらのそれぞれの活動は、お互いに対して素晴らしく貢献しました。素人の観測者でさえ、この全てが可能だったのは、唯一それぞれの結社が、その同じ隠された、絶対的な秘密裡の源泉から指示を受け取っていたためであるはずだと結論するはずです。」⁸¹

b. Hitler’s Only Known Initiation
b. ヒトラーの唯一知られている入門

此処で、その逸話はもう一つの奇怪な曲がり角を曲がり、その曲がり角は、多くの人達が長い間、疑問視していた事の唯一知られている確認で:ある時に、何処かで、ヒトラーがある秘密結社の入門者に成った事です。ですがその逸話のウィンクラーのヴァージョンは、通常の容疑者達である、ヴェニス(ヴェネチア)の秘儀主義者達と民族差別主義者達、グイド・ヴォン・リストとランツ・ヴォン・リーベンフェルズとの、そのいかがわしい関連性を共にした Thulegesellschaft (トゥーレ会)では無く、古くからのテュートン騎士団だったと指摘します:

「19世紀の終わりにおいて、プロシア-テュートンの秩序(結社)の伝統において育成された皇帝、ウィルヘルム二世は、実際にプロシアとドイツにおいてこの結社を再確立しました。リザード(爬虫類)会の中で活動していたそれらの後継者達は、プロシアから由来したその太古の組織に入れ替わり – 故に、その解体に貢献し – 其処で、彼等が入れ替わったそれらの地位の品位においてマント(衣装/制服)を着ける権利を彼等自身のために主張しました・・・その復活させられた秩序(組織/結社)の活動については、殆どなにも言われていませんが、東プロシアにおけるその毎年の集会は、ドイツの新聞紙によって、一般的に報道されました。現在の戦争(第二次世界大戦)の開始の数か月後、ヒトラー自身がテュートン騎士団に入門したと言う短い記事がドイツの新聞紙に現れました。

「現在のプロシア-テュートン的な結社の、内部的な構造についても – もし未だに存在しているとして – リザード会の現在までの生き残りとの、その正確な関連性についても、一切、情報は公開されていません。

『Seinem Kaiser und Helden
Das geheime Deutschland』
(「秘密裡のドイツから、彼等の皇帝と英雄へ」)

「もし私達が、秘密裡なドイツを仮定するなら – 同様に、13世紀の結社から派生した – ライヒ-ランドブンドとハーレンクラブの様な表向きのヤンカー(家)の組織は、唯の二次的な役割で、私達が上述した、その他全ての最近に成って確立された結社の様に、秘密裡のグループの指示を遂行していました。ですがもし、私達が秘密裡なドイツの実際の生き残りの状況証拠を無視したとしても、13世紀のテュートン的な結社と、現在のドイツ(ナチス)の間には、探知される事の出来る直線(直系)があると、私達は認めざるを得ません。」⁸²

F. Final Thoughts
F. 最終的な思考

ですからナチスが、「ザ・ベルの同胞団」が、ケネディー大統領の暗殺に拘わっていたとして – そして、最も高度なレベルにおいて、彼等が拘わっていたと言う状況証拠が提示されましたが – すると、彼等の拘わりを動機したものは何だったのでしょう?

1.彼等は、その戦争(第二次世界大戦)の間に、彼等が開発した科学技術、そしてその継続された半-独立的、または独立的な開発を保護するために拘わっていました。これは、彼等(ナチス)の政治的な活動の幾らかのために、便利な隠れ蓑を供給した、CIA を解体すると言うケネディーの試み、そして宇宙において、ソヴィエト達と共に、限定的な協力を確立するための彼の試みによって、幾つもの用途において、彼によって脅かされました。もし、アポロ計画において、そして特にLEM (月面探査モジュル)と共に、オルタナティヴな科学技術が関わっていたなら、その様な協力は、ナチスの天敵であるソヴィエト達に、それらの科学技術の構成要素と同時に、その継続的で、秘密裡な開発の計画を明かしたかも知れません。

2.彼等は、彼等が潜入した、様々な(米国)連邦の機関とアメリカの企業の中と背後だけでなく – 特にラテン・アメリカにおける – その他の様々な母体の国々の中と背後において、「CIA の解体」の様なあらゆる度合の露出が脅かす原因に成ったであろう金融的で政治的な作戦の、彼等の土台を保護するために拘わっていました。

4.もし、その暗殺の日における膨大な空売りにおけるブンジ社の行動が、ナチスの拘わりの、より深い示唆なら – そしてブンジ社が当時、アルゼンチンにおける本社を共にしたドイツの企業であった事は忘れられるべきではありませんが – すると、その(ケネディー)殺害のための主要な計算には入らなかったものですが、下請け会社的な動機を体現するもので:金融的な利益でした。その大統領を暗殺するために拘わった(または計画した)のなら、特に、金融的な魔術師であるボーマンに指導された国際ナチスが、それ(暗殺)から利益しようと計画しなかったなら、それ程、非特徴的な事は無かったでしょう。

そして、その暗殺の陰謀に関連したグループの全ては – マフィアであれ、不満な反-カストロのキューバ人達であれ、大企業であれ、大石油企業であれ、脅かされた連邦準備銀行の株主達であれ、(金融)軍需産業-諜報工作-複合体であれ、宇宙計画(NASA)であれ、それぞれのグループが、その大統領を殺害する、それ自体の動機を共にし – 人がその証拠の全てを考慮した時、一つの事が最も鮮明に浮き上がります。ナチスは、その他全てと共に、その動機を分かち合った一つのグループでした。彼等は、その他全てとの人脈を共にした唯一のグループでした。
_____
1 Lincoln Lawrence, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled? With an introduction by Kenn Thomas (Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press: 1997), p. 102.
2 Paul Winkler, The Thousand Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask (New York: Charles Scribner’s Sons, 1943), p. 237.
3 John G. Fuller, The Interrupted Journey (London: Corgi Books, 1966), p.116.
4 Kenn Thomas and Lincoln Lawrence, Mind Control Oswald, and JFK: Were we Controlled? (Kempton, Illinois: Adevntures Unlimited Press) p. 102, emphasis in the original.
5 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” The Rebel, Nov 22, 1983, p. 1.
6 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 2.
7 Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 3. 北アメリカにおける東方の正教会(ギリシャ正教等々)の多くの管轄区の一つを共にした CIA の拘わりの主張は、奇妙、または完全にあり得ない様に見えるかも知れません。実際の要点において、しかしながら、ブリュッセルは唯単に、トービット文献からの情報と、ニュー・オーリンズの州検察官、ジム・ギャリソンの調査からの主張を繰り返し述べているに過ぎません。この筆者自身も、更なるもう一つの管轄区からの2人の正教会の司教達の諜報工作と軍事の背景(履歴)を個人的に知っていて、そして更に、3人目に気付かせさせられました。諜報工作の目的のために教会を確立し、そして/または利用する事における CIA と西ドイツの Bundesnachrichtendienst (BND)、そしてその他の諜報工作の機関の役割は、故にそれにおいて、そしてそれ自体が、それ自体のもう一冊の本を必要とします。
8 See, for example, Rodney Stritch’s Defrauding America.
9 例えば、悪名高い Banna の下における、ナチスとエジプトの武装化したイスラムの台頭の間の関連性を参照してください。
10 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 6.
11 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F Kennedy Assassination,” p. 11.
12 Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 11.
13 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination, p. 22. はい、私はあなたが考えている事を知っていて、親愛なる読者よ、そしてそれは正に、ヴァーナー・ヴォン・ブラウン博士の、元(ドイツ)陸軍の上司だったウォルター・ドーンバーガー将軍です。そして、そうです、アメリカにおける I.G. ファーベン社の顧問弁護士で、ドイツのための戦後の高等弁務官(大使)で、そして(ケネディー暗殺の)ウォーレン委員会の一員だった、ジョン J. マクロイによって免罪にされた、その同じドーンバーガーです。
14 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 22.
15 Sybil Leek and Bert R. Sugar, The Assassination Chain (New York: Corwin Books, 1976), p. 171.
16 Lincoln Lawrence and Kenn Thomas, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled? (Kempton, Illinois: Adventures Unlimited Press, 1997, p. 71.
17 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F Kennedy Assassination,” p. 26.
18 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F Kennedy Assassination,” p. 27.
19 Referred to previously in its Adventures Unlimited Press reprint edition, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled?
20 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination, pp. 29-30, emphasis added.
21 Mae Brussell, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p.30.
22 Lincoln Lawrence and Kenn Thomas, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled?, p. 23, italicized emphasis added, bold emphasis original.
23 Lincoln Lawrence, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled?, p. 116.
24 Ibid.
25 Ibid., pp. 119-120.
26 Lincoln Lawrence, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled? P. 118. 「(時には金融的な著者達によって「オクトパス」とあだ名される)ブンジ企業は、ジェームズ・ボンドの映画の素晴らしい悪役に成る」と、リンカーン・ローレンスは皮肉を言います。
27 Ibid., p. 123.
28 Ibid.
29 Ibid., p. 129.
30 Lincoln Lawrence, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled? pp. 128-129.
31 Ibid., p. 134.
32 Ibid.
33 Ibid., p. 139.
34 Ibid., pp. 139-141.
35 Ibid., p. 142.
36 Ibid., p. 143.
37 Ibid.
38 Lawrence, Mind Control, Oswald, and JFK: Were We Controlled? p. 147
39 Ibid.
40 Mae Brussel, “The Nazi Connection to the John F. Kennedy Assassination,” p. 30.
41 Ibid.
42 Brussell, “The Nazi Connection to the John F Kennedy Assassination,” p.
43 Ibid.
44 Tom Bower, The Paperclip Conspiracy: The Hunt for the Nazi Scientists (Boston: Little, Brown, and Company: 1987), p. 245.
45 Peter Levenda, Snister Forces: A Grimoire of American Political Witchcraft: Book One: The Nine IWalterville, Oregon:: Trine Day, ISBN 0-9752906-2-2), p. 173.
46 Levenda, Sinister Forces, Book One: the Nine, pp. 173-174.
47 Ibid., p. 174.
48 Ibid., p. 266.
49 私は、しかしながら、陸軍元帥兼大統領の、ポール・ヴォン・ヒンデンバーグによる、首相としてのヒトラーの任命の後、彼がその様な秘密結社の内の一つに入門したと言う、情報源からの証拠を、この章において提供します。
50 William Stevenson, The Bormann Brotherhood (New York: Harcourt, Brace, Jovanovitch: 1973), p. 29.
51 その逸話は、フランクリン・ルーズベルト大統領のために用意された、その総統(ヒトラー)の秘密裡の精神分析の上に基づいたとされる本、アドルフ・ヒトラーのマインドの中で最初に表面化しました。ヒトラーの祖母の一人、アンナ・マリア Schickelgruber が、彼女の雇用者、ロスチャイルド男爵と関係を持ち、彼の私生児を産んだと言う主張は、その戦争の前にオーストリアがナチスによって合併される以前に、その国の首相、Dolfuss によって、ヒトラーについて調査された秘密裡の報告書の題材でした。
52 Karl-Heinz Zunneck, Geheimtechnologien, Wunderwaffen und die irdischen Facetten des UFO-Phänomens (Amun Verlag, 2002), pp. 68-69.
53 William Stevenson, The Bormann Brotherhood, p. 25.
54 Linda Hunt, The United States Government, Nazi Scientists, and Project Paperclip, 1945 to 1990 (New York: St. Martin’s Press, 1991), pp. 32-33, emphasis added.
55 Carter Plymton Hydrick, Critical Mass: How Nazi Germany Surrendered Enriched Uranium for the United States’ Atomic Bomb (Whitehurst and Company, 2004), pp. 19-30, 241-242.
56 Linda Hunt, op. cit., p. 34.
57 Hunt, op. cit., p. 42.
58 Hunt, op. cit., p.219.
59 Ibid., p. 52.
60 Tom Bower, The Paperclip Conspiracy: The Hunt for the Nazi Scientists, p. 126. 更にまた指摘されるべきなのは、パットン将軍の米国陸軍第三部隊が、どうにかして、ペーパークリップ作戦に拘わっていたと、ボーアーが鮮明にさせる事です。 (p. 141).
61 スカル & ボーンズ会の詳しい歴史と検証のためには、アンソニー・サットンの研究、 America’s Secret Establishment を参照してください。より最近の利用可能な「ボーンズ」の逸話への貢献は、 Fleshing Out Skull and Bones: Investigations into America’s Most Powerful Secret Society と題された Kris Millegan によって編集されたエッセイのコレクションです。
62 See Fleshing Out Skull and Bones, pp. 173-294 for the whole story.
63 レーガン-ブッシュ時代の間の共和党の政治における、亡命移民のグループと、彼等の役割のために、Russ Bellant のOld Nazis, the New Right, and the Republican Party (Boston: South End Press, 1991). ISBN 0- 89608-419-1.を参照してください。ゲーレンの亡命移民のフロントは、存在し続け、元ナチスによって指導され続けただけでなく、ロナルド・レーガンとジョージ H.W. ブッシュが選出される手助けをしました!これは、G.H.W. ブッシュの「ニュー・ワールド・オーダー(NWO)」の演説と、レーガンの「ゴルバチェフさん、この壁を壊しなさい」の発言を、全く新たな見解へと至らせます。類似した移民、または亡命移民のコミュニティーとの関係が、サイリーシアの亡命移民の会によって後ろ盾された、元(西)ドイツの首相、ヘルムット・コールの背後にも存在します。(Q.v. Rechte Machen Kassen and The New Reich)
64 Paul Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask (New York: Charles Scribner’s Sons, 1943).
65 Paul Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, p. ix.
66 Ibid., p. 3.
67 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, pp. 27-28, emphasis added.
68 Ibid., p. 32.
69 Ibid., p. 35.
70 Ibid.
71 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, p. 35.
72 Ibid.
73 Ibid.
74 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, p. 47.
75 Ibid.
76 Ibid., p. 51.
77 Ibid., p. 79.
78 Ibid..
79 Ibid.
80 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, p. 190. その選択された「リザード」の名前の秘儀的な関連性が着目されるべきなのは、そのリザード(トカゲ/爬虫類)がサンショウウオの形状において、三度偉大なヘルメスの姿、または彼のエジプトの呼び名、トートにおいて、最上級の秘儀主義者の象徴であるためです。
81 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, p. 236,
82 Winkler, The Thousand-Year Conspiracy: Secret Germany Behind the Mask, pp. 236-238, emphasis added.

Chapter 10: “What is the Brotherhood of the Bell?” the Brotherhood of the Bell in History and Practice
第十章:「ザ・ベルの同胞団とは何か?」歴史と実際におけるザ・ベルの同胞団

A. Nick Redfern’s FBI Documents on Nazis and UFOs
A. ニック・レッドファーンの、ナチスと UFO についての FBI の書類

最高のオンラインカジノの評価
  • CASINO-X
    CASINO-X

    1か所!最高のオンラインカジノ!

  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    信頼できる公正なカジノ!

最高のオンラインカジノのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: